ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若者のキーボード離れ加速 レポート・卒論でフリック入力も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スマートフォンの普及率が全世帯の62.6%となり、個人でみると20~29歳は83.7%になった。一方でパソコンの普及率はじわじわと減少し、20~29歳ではスマホを下回る78.8%だ(総務省「平成25年通信利用動向調査」調べ)。ふだん使う端末の影響だろう、若者は文字をフリック入力でつづり、キーボード離れがすすんでいる。

 この現象は、偏差値60近い大学に通う学生でも事情は変わらない。

「同級生に、両手の人差し指でキーを探しながらキーボードをよちよち打っている人がいますよ。それでレポートも書いています。だからといってデジタル全般が苦手というわけじゃなくて、スマホだと両手でものすごく速くシュッ、シュッとやっているんです。そこまで極端じゃない人でも、私自身もキーボードよりもスマホのフリック入力のほうがラクですね」(都内の女子大学生)

 神奈川大学非常勤講師で情報処理を教える尾子洋一郎さんも、教え子たちは総じてキーボード入力は面倒だと話しているという。

「情報処理を履修している外国語学部の学生にアンケートをとってみたところ、iPadを持っている学生がレポートの仕上げまですべてフリック入力だけで済ませていました。全体的には、約15%がふだんからレポートの下書きやメモとしてスマホを使っていて仕上げはPCでというパターンで、他はキーボードを使っています。といっても、ほとんどの学生がキーボード入力が得意な訳ではないので、講義では4月にタイピングソフトでローマ字入力の練習をしています。また、自主的にタッチタイプ練習ソフトで日頃からトレーニングするよう指示しています。

 最近は、教員側が添付ファイルではなくメール本文でのレポート提出を指定するケースも増えてきていると学生から聞いたので、ますますキーボードではなくフリック入力ばかり使うようになるでしょうね」

 19世紀初期からタイプライター用には様々なキーボードが開発された。たとえばアルファベットをABC順に並べたり、母音だけを抜き出して列を分けたものがあったが、どれもあまり普及しなかった。しかし1872年にQWERTY配列キーボードが発表され、それを搭載したタイプライターが量産され広まったことをきっかけに、現在の形のキーボードが入力デバイスとして使い続けられている。

 しかし、スマホやタブレットの普及によって、この情勢は変わるかもしれない。Windowsが8.1からフリック入力に対応しているため、対応タッチパネル液晶ならPCでもフリック入力が可能になったからだ。また、Wi-Fi技術の広がりによっても変化がもたらされそうだ。

「大学のプリンタがWi-Fi対応したら、PCを経由させずともスマホやタブレットだけで印刷ができます。きっと近い将来、フリック入力だけで卒論を仕上げる学生が出現すると思い> ますよ」(前出・尾子さん)

 2008年にiPhoneが採用したことで広まったフリック入力だが、日本語入力にとって便利というガラパゴスな機能でもある。かつてキーボードでは日本語にとって便利な親指シフトがあった。しかし現在では、かな入力をする人が激減したこともありすたれてしまった。

 かな入力そのものは今でも可能だが、スマホ世代の若者はローマ字入力しか使わない。スマホで爆発的に普及したフリック入力は、果たして10年後にも生き残っているだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スマホ戦争 画期的入力方法をいかに開発するかが鍵と大前氏
バレー・木村沙織 身長184cmの長身を支える美しすぎる美脚
ネットオークション 画面の割れたスマホが2万円落札例も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP