ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハゲウォッチャーが断言「堂々としてイケてるハゲはモテる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ハゲはその人の個性。それを生かせば、さらに輝けるのにもったいない」

 そう言うのは、『ひるおび!』(TBS系)コメンテーターとしてもお馴染み、『なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか』(講談社刊)の著者で“ハゲウオッチャー”の福本容子さん。

「目や鼻が大きいのと同じで、ハゲはその人が持つ個性のひとつ。隠そうとして、本来持ち合わせた魅力までなくすのはもったいない」(福本さん・以下「」内同)

 しかし見渡せば、ハゲを隠そうと必死になっている人のほうが多いような…。

「確かに毛は若さの象徴です。でも年をとれば多くの人がハゲる。かつらが悪いとはいいませんが、メンテナンスも大変ですし、風が吹けばずれることもある。それにびくびくするなら、いっそのことハゲをカミングアウトしたほうが潔いと思うんです」

 当の本人は“ハゲ”を気にしていても、意外と他人は気にしていないと福本さんは続ける。

「アメリカの経済紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』が、スキンヘッドの男性と髪のある男性を比べたら、圧倒的に前者のほうが、カリスマ性があるという調査結果を記事にしたんです。それを証拠に、欧米ではほぼツルッパゲの経営者が少なくありません」

 確かに、本人に魅力があれば、ハゲもイケてるかも、というのが世の女性の本音かも。

「アマゾンの創業者で、現CEOのジェフ・ベゾスさんは現在50才ですが、エネルギーに満ちていて若々しい印象のハゲ頭です。俳優の高橋克実さんも、今の髪形になってさらに洗練された気がします。堂々としてイケてるハゲは、きっと女性にもモテるはずです」

 なるほど、ハゲがかっこよく思えてきたが、日本にハゲブームが来る日は、近いのだろうか。

※女性セブン2014年10月23・30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
世界の盗塁王福本豊氏 上田監督の言い間違いで突如引退決意
杉村太蔵氏 「ハゲ男にはいい人に見えるアドバンテージある」
元阪急・福本豊氏 ドラフト指名を同僚のスポーツ紙で知った

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP