体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

復興支援のライブシアター「チームスマイル・豊洲 PIT」が10/17オープン

エンタメ
復興支援のライブシアター「チームスマイル・豊洲 PIT」が10/17オープン

エンタテインメントを通じた東日本大震災の復興支援活動を続ける「一般社団法人チームスマイル」は、10月17日、東京都豊洲に新たなホール『チームスマイル・豊洲 PIT』をオープンした。

『PIT』は、『Power Into Tohoku!』の略称。チームスマイルの活動は、被災地におけるエンタテインメントを通しての「こころの復興」と、支援活動「継続性」の確保が目的。その拠点となる『チームスマイル・PIT』は、東京都・豊洲の他、福島県いわき市(2015年春)、 宮城県仙台市(2015年春~夏)、岩手県釜石市(2015年秋)に、今後随時、開設の予定となっている。

東北3県に『PIT』に先駆け、今回開設の『チームスマイル・豊洲 PIT』は、収容数約 3,100人(スタンディング)のホールで、通常の貸館事業に加え、制作委員(プロデューサー)企画の自主企画・主催イベントの開催も予定している。

今後も、ジャンルの枠や既存のスキームにとらわれない新たなコンテンツの創出を実現し、将来的には、 東北地区の『PIT』への第二段階の展開を目指す。また、本事業での収益金は、東北地区の『PIT』の開設や運営、 そして、エンタテインメントを通じた復興支援のための活動に、その全額が活用される。

東北地区の『PIT』では、コンサートや演劇、ライブビューイング等のイベントの他、特に地元の子供や若者達による 創作活動へのチャレンジをサポートし、表現や発表の場を提供。エンタテインメントを通じ、若い世代の夢や才能を養い、彼らが夢を持ち元気に立ち上がる企画実現で、被災地の方々自らの復興を後押ししていく。

「チームスマイル・豊洲PIT」
所在地:東京都江東区豊洲 6 丁目 1-23
開業日:2014年10月17日(金)
収容人数:約 3,100 名 (スタンディング)
アクセス:新交通ゆりかもめ・新豊洲駅より徒歩3分/東京メトロ有楽町線・豊洲駅より徒歩12分

関連リンク

チームスマイル・豊洲 PIT:http://toyosu-pit.team-smile.org/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会