体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽で国際協力を盛り上げる外務省発イベント『僕らが世界にできること』開催、「今夜はブギー・バック」で豪華共演も

音楽で国際協力を盛り上げる外務省発イベント『僕らが世界にできること』開催、「今夜はブギー・バック」で豪華共演も

10月17日、音楽で国際協力(ODA)を盛り上げるべく立ち上げられたスペシャルライブイベント『「僕らが世界にできること」音楽篇』が六本木・ニコファーレで開催された。

このイベントは、今月3日に東京MXで放送された日本初の外務省プレゼンツによる情報バラエティ番組『僕らが世界にできること』から立ち上がった企画。今年60周年を迎えたODAや国際協力について1人でも多くの人に知ってもらうため、日本が60年間続けてきた国際協力の本質を「名前は聞いたことがあるけれど、内容まではあまり理解していない」という人にも分かりやすく伝えていくことを目指して開催されたイベントだ。

そんな意義深いイベントを盛り上げるべく集まったのは、名曲「今夜はブギー・バック」が20周年を迎えるスチャダラパーをはじめ、中孝介、Yun*chi、TEMPURA KIDZ、ROOT FIVE(koma’n、蛇足、みーちゃん)ら豪華アーティストたち。さらに、お嬢様芸人として話題のたかまつなな、タレントの春香クリスティーンに加え、スペシャルライブアーティストとして、フジテレビ系『テラスハウス』への出演で大人気のchayや住岡梨奈も参加。イベントと同時にニコニコ生放送でも全世界配信されるなど、非常に華やかなイベントとなった。

まず司会の元NHKアナウンサー・堀潤とROOT FIVEの3人が、番組およびイベントのキーワードである“恩おくり”という言葉について、そして日本の新幹線や高速道路、ダムなどが海外からの援助によって作られたという、あまり知られていない事実を紹介。また、先述の番組内で「番組出演者でイベントを」とkoma’nが提案したことがイベント開催のきっかけになったという裏話も披露された。

ここで、中孝介、Yun*chi、TEMPURA KIDZ、chay、住岡梨奈らアーティスト陣も登壇。番組ロケでフィリピンの子どもたちとダンス交流を行ったTEMPURA KIDZをはじめ、各々が国際協力に対する想いを語ると、今回イベントに参加できなかったフリーアナウンサー・高橋真麻からもビデオメッセージが。さらに、なんと外務副大臣の城内実が登場し、意外すぎるユニークなキャラクターで今後の国際協力の可能性について分かりやすく解説。その軽快なトークに会場が温まったところで、お待ちかねのスペシャルライブへ突入した。

1番手には、メンバー全員が10代のダンスパフォーマンスユニット・TEMPURA KIDZが登場。挨拶がわりにゴリゴリのエレクトロサウンドに乗せてパワフルなダンスを披露すると、会場は一気にヒートアップしライブハウス状態に。先述のフィリピンにおけるダンス交流で子どもたちと一緒に踊った曲だという「ストロボ」や槇原敬之「どんなときも。」の斬新なカバーなど全6曲を披露した。

続いては、歌手/モデルとして活躍する“きゃりーぱみゅぱみゅの妹分”ことYun*chi。人気アニメ『ログ・ホライズン』エンディングテーマ「Your song*」や、日本のカルチャーに興味がある世界中の女子によるコミュニティ<IroKokoro Project>とコラボにより募集した“好きな日本語”を歌詞に採用したという「Waon*」など4曲を歌い、会場とニコ生視聴者の心をしっかり掴んでいたようだ。

3組目に登場したのは、人気番組『テラスハウス』の“まいまい”ことシンガーソングライター・chay。「皆さんの背中を押せるような、前向きになれるような曲を選んできました」と宣言したchayは、<パンテーン>のCMソングでお馴染み「Twinkle Days」などを中心に全5曲を披露し、中でもアッパーなポップチューン「Go Go!」ではオーディエンスが拳を突き上げるほど、宣言どおり元気いっぱいなパフォーマンスでフロアを沸かせた。

スペシャルライブ第1部の最後に登場したのは、chayと同じく『テラハ』で人気が爆発したシンガーソングライター、“りなてぃ”こと住岡梨奈。パフォーマンス中にも次から次へと流れてくるニコ生視聴者からのコメントに触れたり、始めて台湾でライブを行ったエピソードを披露するなど、曲間のMCも自然体かつユーモアたっぷりの住岡は、その堂々としたライブと瑞々しい歌声とのギャップが印象的だ。自身の代表曲「ハレノヒ」「flavor」「マイフレンド」などを熱唱しつつ、3曲目に披露した松任谷由実の「ひこうき雲」のカバーも、思わず息を飲むほど凛然とした素晴らしいものだった。

ちなみに、すべてのアーティストに“ODAクイズ”とツイート用の撮影を求めるという、絶妙に脱力したROOT FIVEの進行もフロアの笑いを誘っていた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。