ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニール・ヤング、PonoMusicの現状を報告 ハイレゾ60万曲以上をオンラインストアで準備

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

ニール・ヤングがPonoMusicの現状を報告、ハイレゾ60万曲以上をオンラインストアで準備。「アナログで聴いている感じがする」

ロックミュージシャンのニール・ヤングが立ち上げた、ハイレゾ・オーディオ・サービス「PonoMusic」が徐々に全貌を見せはじめました。Kickstarterで資金集めを行えば620万ドル (約6億6,000万円)が集まったPonoには、ミュージシャンや音楽好き、メディアから高い注目を集めてきました。

ビジネス・ソフトウェア企業Salesforceの年次カンファレンス「Dreamforce」にゲストスピーカーとして登場したニール・ヤングは、集まった1万4,000人の観衆を前にPonoMusicの現状を報告しました。

まず24ビット192khzのFLACファイル形式の音源カタログにアクセスできるPonoMusicストアは、現在60万曲以上の楽曲が集まっており、ニール・ヤングの音源はもちろんアーケード・ファイアやプリンスなど人気アーティストの楽曲も揃っています。PonoユーザーはPonoMusicからダウンロードしたハイレゾ音源を、自社開発のPonoPlayerにシンクさせ再生します。

ニール・ヤングによれば、PonoMusicはユニバーサルミュージック、ソニーミュージック、ワーナーミュージックなどメジャーレコード会社やインディーズレーベルと配信のライセンス契約で交渉を進めてきました。そして現在、約200万曲をPonoMusicストアに連携させる準備に入っていると言います。

ただニール・ヤングは、PonoMusicがいつから開始になるか、明言は避けました。

またPonoPlayerのサウンドについては、レコーディングされた本来の音質で音楽再生するとし、CDやMP3形式の音楽を「葬る」だろうと言います。

ニール・ヤングはKickstarterキャンペーンについて、本来はPonoPlayerの開発チームは80万ドルの資金を集める予定だったところが600万ドル以上が集まったと言います。

SalesforceのCEOで大の音楽好きのマーク・ベニオフもPonoとニール・ヤングに賛同する1人です。ベニオフは「ヤングは可能な限り全てのミュージシャンのオリジナル・マスター音源を調達し、ディープなデジタル・ファイルへと変換している。だが興味深いことに、まるでアナログレコードを聴いているような感覚を覚える。ヤングは休む間も惜しんで素晴らしい斬新なカスタマーサービスを構築しました。これは初めてiPodとアナログレコードが融合した感じがする」とPonoを評価しています。

ヤングは

「我々は音楽にフィーリングを取り戻そうとしている。鳥肌が立つ感覚を取り戻そうとしている。音楽はいつの間にか騒音になってしまった。今は21世紀だ。テクノロジーを感じる時が来た。」

と語りました。

PonoはKickstarter支援者には今月末にはPonoPlayerを発送する予定です。その他の一般消費者はサイトでプレオーダー (399ドル)すると3月までに手に入れることができます。

PonoMusicストアのアルバム購入は、15ドル〜25ドルになると予想されます。

Dreamforce会場ではニール・ヤングがゲストとして登場した以外にも、会場内にブースを設置しハイレゾ音源の再生デモを実施したり、グループがステレオにつないだPonoPlayerからの再生を体験できる特設エリアも設けています。

■記事元http://jaykogami.com/2014/10/9578.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP