体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パルコ客「ざわざわ…何これ?」 ニコニコ本社が池袋に降臨したので見てきた

パルコ客「ざわざわ…何これ?」 ニコニコ本社が池袋に降臨したので見てきた

ニコニコ本社
10月18日(土)、池袋駅東口・北口から徒歩1分の立地にある池袋パルコ「P’PARCO」に、ニコニコ動画の世界を365日かけて地上に再現する複合施設「ニコニコ本社」がいよいよ始動!

この日は「ニコニコ本社」初のお披露目ということもあり、「P’PARCO」のビルに備え付けられた巨大モニター「テレビちゃんビジョン」の点灯式、そして「ニコニコ本社」の特別内覧会が行われました。

池袋がいつもより騒がしかったこの日。「ニコニコ本社」はどんな施設なのか。一体中で何ができるのか。KAI-YOU編集部が実際に行ってきました!

「ニコニコ本社」は会社ではありません!

ニコニコ本社

まず「ニコニコ本社」とは、ニコニコ動画やニコニコ生放送の会社というわけではありません。

元々「ニコニコ本社」は、niconicoに関連するグッズなどを販売する、いわゆるアンテナショップとして2010年12月に原宿にオープン。その後、今年4月に開催されたイベント「ニコニコ超パーティーⅢ」で、アニメやマンガ、ネットカルチャーなどのコンテンツが充実している街・池袋への移転が発表されました。

移転に伴い、原宿の頃よりもさらにパワーアップ。365日ユーザー自らが気軽に動画の撮影や配信を行ったりすることができる、niconicoでの人気コンテンツをリアルに体験できる施設が「P’PARCO」内の地下1階と地下2階にオープンしたというわけです。

さらに外の看板モニターには、生配信している様子が映し出され、数多くの通行人に楽しんでもらえるようになっています。

スタジオや会員なら手ぶらでニコ生ができるバーまで!

「ニコぶくろスタジオ」

ニコニコ本社

入ってすぐ右手にはニコニコ生放送用のサテライトスタジオ「ニコぶくろスタジオ」があります。ここでは、平日19時から20時は毎日公式バラエティ番組「ニコラジ」の配信が行われます。

ニコニコ本社

それ以外の日は公式Webサイトから予約すると、有料で使用することができるみたいです。ちなみにここでの配信は、「P’PARCO」ビルに備え付けられている巨大モニター看板に映し出されます。

「生放送バーカウンター」

地下2階へ行くと、全席電源・Wi-Fiが完備された「nicocafe」、ユーザーが生放送できる「生放送バーカウンター」、niconicoの関連グッズを取り扱う「ニコニコショップ」、色んなイベントができる「イベントスペース」などが広がっています。

ここは、niconicoのプレミアム会員であれば手ぶらで生放送ができるバーカウンター。カウンターにはPCや音響機材が備え付けられていて、予約することで誰でも簡単に生放送をすることができます。

一番の目玉は、視聴者からリアルタイムで生主に差し入れが届く「あちらのお客様からシステム」。

ここで配信されている生放送を見ている視聴者は、ポイントを使うことでカクテルや塩水、ピーナッツ、うまい棒、小ライスなどを差し入れることができます。

今までのニコニコ生放送にはなかった、視聴者との新たなリアルコミュニーケーションが誕生したというわけです…! すげえ…!

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy