ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子は着替えが必須!? 「Starfes.’14」のアフターパーティーにみた音楽の楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、各地で開催される音楽フェスで、良質な音楽だけでなくさまざまな演出をする動きが起こっている。ハードウェルやアフロジャックといった海外アーティストが参加した「ULTRA JAPAN」(9月27〜28日開催)は、アメリカのダンスフェス「ULTRA」の日本版。そのため、アメリカからVJ集団「V Squared Labs」も来日し、エッジの効いた映像演出で、お台場の特設会場を盛り上げた。

その1週間前には、千葉・幕張海浜公園で「StarFes.’14」も開催されている。こちらはPUBLIC ENERMYやエリカ・バドゥなど、クラブシーンで人気のあるアーティストが出演。一方で、一般参加可能なアフターパーティーも、フェス終了後に東京・代官山のクラブ「UNIT」で行われた。

ステージに出演していたアーティスト達と共に時間を過ごせるほか、フェスに来られなかった人がアフターパーティーに行き、フェスの雰囲気を行った人から聞いているという光景も見られ、音楽好きにとっては願ってもない時間となったようだ。

ウェブマガジン『Qetic』編集長の宍戸麻美さんによれば「女の子は特にですが、アフターように着替えを用意しておくと、フェスとはまた違った楽しみ方ができます。フェスでフルに音楽を体感し、アフターでは音楽を聴きながら交流を。オシャレをしていくと、気分もあがりますしね」とのこと。ラフな昼間とクールな夜で、違う楽しみ方ができるそうだ。

実際に当日は、会場に入るための列が50m以上……多くの人が訪れ、大人の社交場感たっぷりなサロンもあり、開放的なフェス会場とは違う魅力を表現されていた。アフターパーティーがさまざまなフェスで行われ、音楽好きの交流の場としてよりカルチャーを押し広げることを期待したい。

http://star-fes.net/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP