ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーケティング担当者必見!ビジネス戦略の的中率を高める強力ツールが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

企業のマーケティング活動において、ビッグデータの活用は、今や最たる有効手段の一つ。

ターゲットマーケティングや新規ビジネスの洞察、顧客ベースのセグメンテーション、売上市場機会の再認識など、従来課題とされてきたセールス戦略及び市場開拓の分野で大いに役立つものとして、注目を集めている。

ビジネス先進国である欧米では、こうした課題に対して、マーケティングオートメーション(MA)ツールが既に浸透中。

その流れを受けて、日本国内でもOracle社の「Eloqua」やMarketo社等のMAツールを導入する動きが、徐々に広がり始めている。

しかしながら、MAツールには便利な反面、実は弱点も存在する。「スコア(マーケティングの自動化をうまく機能させるために設定するもので、主にマーケティング責任者・推進者が、その経験や勘を元に人力で実行)」を企業サイドで逐一設定する必要があり、担当者の力量に戦略の成否がかかってくるという、ネックポイントが潜んでいるのだ。

統計モデルを活用したアルゴリズム製品

そうした問題を払拭すべく誕生したのが、テクノスデータサイエンス・マーケティングによる「TDSM Predictive Lead Scoring」である。

MAツールに欠かせない「スコア」を、人手ではなく、統計モデルを使った機械学習アルゴリズムによって設定。スコアの精度を最適な状態まで高めていくという、画期的な機能だ。

マーケティング施策の精度アップに期待

この「TDSM Predictive Lead Scoring」を、API機能としてMAツールに装填することで、マーケティング施策の精度も格段にアップするというから、見逃せない。

最適なスコア利用は、「適切なタイミング・適切なコンテンツ・適切なチャネル」でサービス提供していくことに繋がり、ひいてはビジネス戦略の的中率を高めることになる、と提供元は語る。企業の成長支援を支える主要ツールとして、どこまで浸透するか、今後大いに期待したい。

テクノスデータサイエンス・マーケティング

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP