ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

免疫力&美人力をアップさせる! 正しい「菌活」のススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「菌」と聞くと、なんとなくネガティブなイメージを抱きがちだが、ある特定の食材には、健康維持に欠かせない有益な菌が多く存在する。そんな菌を利用した「菌活」が、最近話題になっているのだ。

「菌活」で、体の内側からキレイになれるかも!?

「菌活」で、体の内側からキレイになれるかも!?

しかも菌活は健康面だけではなく、美容にも効果があるという。正しい「菌活」について、管理栄養士・栄養専門学校講師の川村郁子さんに話を聞いてみた。

「菌活の最大の特徴は、腸内で善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる点です。腸というのは、人の免疫力の70パーセントを司っているとも言われる器官。腸内環境が整うことで免疫機能が向上し、風邪をひきにくくしたり、便秘を改善させたりすることができます。それが美肌効果にもつながるんですね」

菌活に適した食材には、一体どのようなものがあるのだろうか?

「もっともメジャーなのは、乳酸菌・ビフィズス菌を含むヨーグルトですね。便秘改善や免疫機能向上のほかに、花粉症やアレルギーの予防効果も期待できます。納豆菌を含む納豆は「美容ビタミン」と呼ばれるビタミンB群も含んでおり、美肌に効果的。肌の粘膜を強化し、代謝をアップしてくれます」

そのほか、みそ、麹、キムチなども菌活食材として有効だそう。そんななかで、川村さんオススメの食材が「きのこ」だという。

「きのこの特徴は、なんといっても100グラムあたり約20キロカロリー以下と低カロリーなこと。ビタミンB群に加え、便量を増やしてくれる食物繊維も含んでいるので、ポッコリお腹の解消も期待できます。ダイエットをしながら菌活をしたい方には、とてもオススメの食材です」

菌活食材を理解したところで、効果的な菌活のやり方とは?

「一番大切なのは、菌活を一時のブームで終わらせず“習慣化”すること。無理をして、一度に沢山の菌活食材を詰め込むよりは、『一食につき一品』を心がけるなど、菌活を普段の生活に織り込んでいくことが大切です。また、菌活食材は菌そのものですが、腸内細菌のエサとなる『オリゴ糖』を同時に摂ると、より効果的。オリゴ糖は主に野菜、果物、穀物に多く含まれているので、『ご飯+きのこのみそ汁』や『納豆+オクラ』など、組み合わせて摂るとオススメです。
手間や時間を掛けることなく、すぐにでも始められる菌活。さっそく今日から食生活に摂り入れて、健康と美容を目指してみてはいかがだろう。

●川村郁子
自身が太っていたことがきっかけで、栄養に興味を持ち管理栄養士に。病院栄養士を経て、現在は栄養専門学校講師、菌活をはじめとするコラム執筆、ラジオパーソナリティなどで食についての情報を発信している。ブログでは“食育子さん”として活動中。

(波多野友子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。