ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gibson Acousticより奥田民生モデル「Tamio Okuda CF-100E」の発売が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年10月21日にソロデビュー20周年を迎える奥田民生が、いままでにたびたび披露してきた弾き語りスタイルによるライヴ「ひとり股旅」においても愛用してきたギブソン・アコースティック・ギター。そして、このたびギブソン・アコースティックから、奥田民生モデル「Tamio Okuda CF-100E」のリリースが発表になった。

「Tamio Okuda CF-100E」は、ヴィンテージのCF-100Eのデザインと奥田氏のフェィヴァリットカラ―が融合したギターとなり、ギブソン・アコースティックの歴史上、数あるア―ティストモデルの系譜のなかでCF-100Eをもとに生産・発売された例は過去にないようだ。

CF-100Eでのア―ティストモデルリリースという点からみても、このリリースはGibson史上初の快挙となる。

Tamio Okuda CF-100E 正面

Tamio Okuda CF-100E 側面

Tamio Okuda CF-100E 背面

製品概要
Tamio Okuda CF-100E
メーカー希望小売価格:493,000円(税別)
生産予定:2014年内150本予定(2015年以降の生産予定は2015年初に決定予定)
店頭販売開始日:2014年10月31日(金)から、全国の楽器小売店にて販売予定。

仕様
Body:Sitka Spruce top / Mahogany sides & back
Neck:Mahogany neck(ご本人所有の50年代製CF-100Eのネックデータをプロファイルし再現。)
Finish:Faded Cherry(ニトロセルロースでの極薄塗装。”Thin Natural Cure Nitrocellulose Finish”を初採用。)
Pick up:P90(本モデルはアコースティックギターとしての使用想定のため、弦はブロンズ弦を採用)
Strings:Bronze 80/20 Light Gauge(.012-.053)
付属品:専用ハードケース、ア―ティスト認定書

Gibson CF-100E の歴史(1951-1958生産)
オリジナル生産されたCF-100Eモデルは、1950年代初頭のリリース当時、斬新で時代を先取りした仕様・デザインをもっていました。
とりわけ下記の3点がその先駆性を示しています。
1. フラットトップのギターとして初めてシャープな尖ったカッタウェーを採用したこと。
2. 同社の人気モデルJ-160Eモデルに先行し初のエレクトリック・アコースティックギターとしてP90ピックアップ付きでリリースされたこと。
3. 1952年に初のソリッド・ボディ・エレクトリック・ギターとしてリリースされた同社の代表モデルであるレス・ポール・モデルに先んじて、ネック上のディッシュ形のインレイ(ポジションマーク)とレス・ポール・モデルのネックシェイプに通じるネックシェイプを既に有していたこと。
※現在、同モデルのヴィンテージ・ギターはシンガ―・ソングライターからの需要が高く、奥田民生をはじめ、ギブソン・ア―ティストであるジャクソン・ブラウン氏も同モデルをメイン機材として愛用し続けています。

注意事項
*新製品は全般にわたり発売時期の延期、価格、仕様の変更などが予告なく発生することがあります。

関連リンク

■奥田民生 OFFICIAL SITEhttp://www.okudatamio.jp/
■奥田民生 OFFICIAL YOUTUBE CHANNELhttps://www.youtube.com/okudatamioSMEJ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP