体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICKの年末日本武道館公演が今年も開催決定 

10月25日からライブハウスツアーをスタートさせるBUCK-TICKが、年末の日本武道館ライブを今年も開催する事を発表した。

BUCK-TICK  (okmusic UP's)

今年でいよいよ15年連続というアニバーサリー開催となる今年の公演は、長期に渡って行なわれたツアーの集大成として行なわれるライブ。タイトルは「或いはアナーキー -N P P N B D K N-」。先のツアーでは最新アルバム『或いはアナーキー』のテーマである“シュルレアリスム”を踏襲したセット・映像と、パフォーマンスをリンクさせる事でテーマの具現化を図り、BUCK-TICKが創り上げられた妖艶な芸術世界には会場にいる誰しもが引込まれ、心酔さずにはいられなかった。これ程までにファンを魅了したツアーが、日本武道館ではどんな世界が繰り広げられるのか?

また、今週の10月22日には、ファンからライブ音源の商品化を切望する声に応える形で、7月31日に行なわれた渋谷公会堂でのライブパフォーマンスを収録したLIVE CDがタワーレコード限定という形でいよいよ発売される。このリリースに伴い、タワーレコード各店では衣装展やパネル展など様々なコラボレーション企画が実施される。

日本武道館でライブを実施することだけでも凄い事であるのだが、それを毎年年末に15年間連続して行ない、毎年チケットSOLD OUTを記録していることは、もはや“前人未到の領域”であろう。今年も間違いなくチケットは大激戦の争奪戦の末、レア化することが容易に推測される。デビュー27年にして常に“進化”を遂げているBUCK-TICK。ホール規模のツアーの次はライブハウスツアー。そして年末には日本武道館とデビューから27年を経てもライブに対する貪欲で積極的な姿勢と飽くなき音楽への探究心に脱帽である。

「或いはアナーキー –N P P N B D K N-」
12月29日(月) 日本武道館
OPEN17:30 / START18:30
チケット料金:¥6,800(税込)
チケット一般発売:12月6日(土)
各プレイガイドにて発売開始
※3歳未満入場不可/3歳以上有料
※客席を含む会場内の映像・写真が公開される場合がございます。予めご了承下さい。

アルバム『TOUR2014 或いはアナーキー』試聴ダイジェスト映像
https://www.youtube.com/watch?v=ABbOi6RFHHY

アルバム『TOUR2014 或いはアナーキー』
2014年10月22日(水)
タワーレコード&TOWERmini全店・タワーレコード オンライン限定発売
TJJC-19052/¥3,300+税
<収録曲>
-DISC1-
SE ~OR ANARCHY~
01. DADA DISCO – G J T H B K H T D –
02. SURVIVAL DANCE
03. Devil’N Angel
04. ICONOCLASM
SE ~BDLR~
05. ボードレールで眠れない
06. masQue
07. PHANTOM VOLTAIRE
08. サタン
09. 世界は闇で満ちている
10. ONCE UPON A TIME
11. LIMBO
12. 宇宙サーカス
13. メランコリア
14. NOT FOUND
-DISC2-
SE ~FOOL~
15. 無題
16. 形而上 流星
ENCORE
17. 月蝕
18. Mona Lisa
19. タナトス
20. STEPPERS -PARADE-
21. LOVE PARADE
22. Coyote
23. NATIONAL MEDIA BOYS

【“初回プレス分限定”応募特典】
『TOUR2014 或いはアナーキー』(初回プレス分)を購入していただい方を対象に、『BUCK-TICK特製パネル』を抽選で50名様にプレゼント![応募締切日:2014年11月22日(土)当日消印有効]

【リリース記念“BUCK-TICK × TOWER RECORDS” コラボ特典!】
■ご予約者先着特典
“BUCK-TICK × TOEWR RECORDSコラボ缶バッジ”
(ご予約者のみの特典になります。各店頭にて無くなり次第、終了となります。)
■特典
“BUCK-TICK × TOWER RECORDS”コラボポスター
(各店頭にて無くなり次第、終了となります。)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。