ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤田麻衣子、名古屋まつりのステージでPRソング「STEP」を地元中学校の合唱部と大合唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

名古屋市出身のシンガーソングライター、藤田麻衣子が10月17日の名古屋まつり・宵祭りのステージに出演し、ニューアルバムにも収録される新曲「STEP」を披露した。

「STEP」のレコーディングに参加した、名古屋市緑区にある名古屋市立神沢中学校合唱部のメンバー男女合計83人がステージに登場。藤田麻衣子の透き通った歌声に壮大なコーラスを乗せた感動的なパフォーマンスとなった。

「STEP」は今年60周年をむかえた名古屋まつりを彩る“名古屋まつりPRソング”。歌詞の中に「桜通線」や「テレビ塔の見えるこの大通り」といった名古屋にゆかりのある言葉が登場し、どこか郷愁漂うメロディーと老若男女が楽しく口ずさめる、ミディアムポップテンポの応援ソングとなっている。YouTubeには名古屋にゆかりのある35組のタレントが「STEP」を口ずさむ、「名古屋まつりPRビデオ」が公開中。「STEP」をフルコーラスで聴くことができる。

名古屋まつり・宵祭りでのライブは夜風が吹き肌寒い夜空の下でスタート。1曲目が終了したファーストMCでも「ちょっと寒い中だと思いますが、少しでも寒さを忘れられるようなステージをしたいと思います」と語った。

3曲目が終わると、神沢中学校合唱部の男女計83名がステージに登場。藤田はMCで「名古屋まつりのPRソングを作らせて頂くことが決まって、名古屋の友達に電話して色々話していたら、桜通線やテレビ塔といった言葉が出てくる、昔を思い出すような歌になりました」と語った。

その後、会場に集まった観客を巻き込み、メインパートとハモリパートに分けてコーラスを練習。「STEP」のパフォーマンスが始まると、藤田の透き通ったボーカルに合唱部の壮大なコーラスが交わり、エンディングの「ラララ~」の部分では、会場の観客のコーラスも加わった、感動的な大合唱となった。ライブは45分5曲で盛り上がり、寒さを吹き飛ばす大盛り上がりのステージとなった。

なお、藤田麻衣子は、「STEP」が収録されるメジャー1stアルバム「one way」を10月29日にリリースする。名古屋では、11月2日にアスナル金山にてフリーライブ、2015年1月9日にはZepp Nagoyaにて全国ツアー公演を実施する。

セットリスト
1. ねぇ
2. 胸が熱い
3. STEP(名古屋まつりPRソング)
4. one way
5. 手紙 ~愛するあなたへ~

「STEP」について藤田麻衣子コメント
3ヶ月に一回は帰るほど、大好きな地元の名古屋の最大のお祭りのPR曲を書き下ろさせて頂いて、本当に光栄です。どんな歌を書こうか、考えて悩んだのですが、私にとって、名古屋=家族や友達・・・ということで、地元の友達に電話をして思い出をたどりました。「桜通線」や「テレビ塔の見えるこの大通り」といった、小さい頃から見慣れた名古屋の景色が歌詞に出てきます。最終的には、大好きな名古屋の人たちはもちろん、各地から名古屋まつりに訪れるみなさんにも、一人一人に届けたいメッセージを詰め込んだ、応援ソングが出来上がりました。

名古屋まつりPRビデオ

関連リンク

藤田麻衣子 Official Sitehttp://fujitamaiko.com/
■藤田麻衣子 レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024695.html
藤田麻衣子 ブログhttp://ameblo.jp/maiko-fujita/
藤田麻衣子 ツイッターhttp://twitter.com/Fujita_Maiko

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP