体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

viBirthが新アーティストプラットフォーム「Fans’」との連携を開始

viBirthが新アーティストプラットフォーム「Fans’」との連携を開始

フェイスは、同社運営のアーティスト支援サービスviBirthとアーティスト向け新プラットフォーム「Future Artist Network Service」(以下「Fans’」)との連携を10月16日より行い、アーティスト活動をフルサポートするサービスを開始する。

viBirthと連携した「Fans’」のアーティストWebサイトでは、スマートフォン、PC、タブレット向けにデザインされたアーティストサイトを公開することが可能になる。また、「Fans’」が提供する各種機能を利用することでアーティスト自身がダイレクトにファンと繋がるサービスを利用することができる。

「Fans’」の主な機能として、アーティストサイト、アーティストグッズ販売、ファンクラブもしくはオフィシャルサポーター、ソーシャルメディア連携、バイオグラフィページ、ミュージックページ、ビデオページ、eチケットの販売が可能なライブ・イベントページをワンストップで提供する。

viBirthを利用のアーティストは、アーティスト専用テンプレートにて「Fans’」サービスを利用することができる。

関連リンク

viBirth:http://www.vibirth.com
Fans’:http://www.futureartist.net

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。