ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一切の妥協もない!グーグルが考える「採用すべき人材と採用すべきでない人材」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グーグルで働く人の多くが、”超スマートでクリエイティブな人たちに囲まれていること”を同社で働く醍醐味の1つに挙げているという。このような人たちはどうやって集まるのだろうか?

<businessinsider.com>では、最近日本でも発売された『How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) ― 私たちの働き方とマネジメント』(著者はグーグルの現会長で前CEOのエリック・シュミットと、前プロダクト担当シニア・バイスプレジデントのジョナサン・ローゼンバーグ)からGoogle社が人を採用するの際のポイントを紹介している。

<採用すべき人>
・自分よりも頭の回転が速く、知識もある人
・製品やグーグルの社風に付加価値を与える人
・物事を最後までやり遂げる人
・仕事に自発的、かつ情熱的な人
・周りの人を明るくさせ、うまくやれる人
・チームや会社と一緒に成長する可能性のある人
・博識でユニークな趣味や才能がある人
・筋道をわきまえ、率直に意見を交換する人

<採用すべきでない人>
・学ぶものがなかったり、刺激を受けない人
・製品やグーグルの社風に付加価値を与えない人
・問題についてばかり考える人
・ただ仕事が欲しいだけの人
・1人で仕事をするのが好きな人
・スキルや興味の対象が限られている人
・働くためだけに生きている人
・策略的で人を巧みに利用する人

さらに採用を決めるのは「これ!」という人を見つけた時だけで、それ以下の人で妥協してはいけないのだとか。上記はあくまでもグーグルの採用ポイントだが、他の会社にもあてはまるかも…!?

■参照リンク
Google’s Hiring ‘Dos’ And ‘Don’ts’ – Business Insider
http://www.businessinsider.com/google-hiring-dos-and-donts-2014-10Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP