ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレスコーズ、アルバム『1』収録曲「アニメみたいな」MVで中村明日美子・NAZとコラボ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月10日発売となるドレスコーズのニューアルバム「1」。そのコラボプロジェクトとして、収録曲の「アニメみたいな」をベースに、中村明日美子によるマンガ化、映像制作スタジオ「NAZ」による3Dアニメーション ミュージック・ビデオが制作発表され、法人別店舗特典も同時解禁された。

ドレスコーズのニューアルバム「1」とは、志磨遼平単独によって制作されるフルアルバムであり、全12曲の新曲が収録される。今作は初回限定盤と通常盤の2形態で発売され、初回限定盤にはDVDが同梱される。DVDには「スーパー、スーパーサッド」のミュージック・ビデオに加え、志磨遼平の過去と現在を知る周囲の人物へのインタビューを盛り込んだドキュメンタリー映像「ワン・マイナス・ワン」ドキュメンタリー・ビデオが収録される予定だ。

本日発表となったコラボプロジェクトでは、マンガ家・中村明日美子、映像制作スタジオ・NAZそれぞれとのコラボレーションが発表された。中村明日美子は「楽園」で「鉄道少女漫画」シリーズを連載していることで知られるマンガ家であり、「同級生」シリーズ、「ウツボラ」「ノケモノと花嫁」等の代表作が知られている。NAZとは、Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)「It Girl」やlivetune adding Fukase(from SEKAI NO OWARI)「Take Your Way」のミュージック・ビデオを制作した若手注目株の映像制作スタジオである。収録曲「アニメみたいな」のコラボレーションプロジェクトは、中村明日美子による描き下ろしマンガのキャラクターがNAZによってアニメーション ミュージック・ビデオ化される試みとなった。なお中村明日美子のマンガがアニメーション化するのは今回が初となる。

尚、法人別特典はタワーレコード、HMV、TSUTAYAの3法人に決定した。タワーレコードではタイトルに因んで11月11日までの予約特典として志磨遼平直筆サインとシリアルナンバーが入った「the dresscodes“1”ENTRY CARD」、購入特典として「アルバム収録曲アコースティックver. 2曲」、HMVでは「志磨遼平「1」オーディオコメンタリー」、TSUTAYAでは「中村明日美子描き下ろしマンガ+アニメ絵コンテ(36P予定)」それぞれ異なる内容となった。またメーカー多売特典として告知ポスターの配布(配布店は後日発表)も決定している。

リリース情報
アルバム「1」
2014年12月10日発売
初回限定盤(CD+DVD)KICS-93146 3,500円+税
通常盤(CD)KICS-3146 3,000円+税

「1」法人別購入特典
・TOWER RECORDS
オリジナル特典:特典CD「アルバム収録曲アコースティックver. 2曲収録」
予約特典:the dresscodes“1”ENTRY CARD(志磨遼平直筆サイン&シリアルナンバー入り)
下記、期間内で予約した人に別途上記のENTRY CARDを提供。
この期間中で予約した人はオリジナル特典とのW特典となる。
対象店舗:TOWER RECORDS全店(オンライン含む)
予約期間:10月20日(月)~ 11月11日(火)
※店舗ごとに営業時間が異なる。問い合わせは直接各店舗へ。
※現時点で予約している人も上記予定特典の対象となる。

・TSUTAYA
オリジナル特典:中村明日美子描き下ろしマンガ+アニメ絵コンテ(36P予定)

・HMV
オリジナル特典:志磨遼平「1」オーディオコメンタリーCD
※志磨遼平による「1」解説音源

・メーカー多売特典
告知ポスター
※配布店は後日発表。

ツアー情報
Tour 2015 “Don’t Trust Ryohei Shima
チケットオフィシャルサイト先行:10月15日(水)〜10月24日(金)11:00
2015年1月17日(土)大阪 umeda AKASO
2015年1月18日(日)愛知・名古屋CLUB QUATTRO
2015年1月25日(日)東京・新木場studio COAST

関連リンク

ドレスコーズ Official Websitehttp://the.dresscod.es/
ドレスコーズ EVIL LINE RECORDS Websitehttp://www.evilline.com/thedresscodes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP