ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ティム・バートンも驚いた“嘘の様な本当の話”とは?『ビッグ・アイズ』ポスタービジュアル解禁![オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『アリス・イン・ワンダーランド』、『チャーリーとチョコレート工場』などの話題作を贈りだす世界的ヒットメーカー、ティム・バートン監督の最新作が来年2015年1月より日本公開決定! 最新作『ビッグ・アイズ』の日本版ポスターが解禁となりました。

「これから、僕たちはひとつ」愛の言葉から事件は始まった。
実在の画家マーガレット・キーンとその夫ウォルター。60年代のアメリカ、ポップアート界に衝撃を与えた“ビッグ・アイズ”シリーズを巡るある秘密とは……?

自らも“ビッグ・アイズ”シリーズを愛し、コレクターでもあるティム・バートン監督が贈る興奮と驚きの実話がいよいよ日本上陸。60年代以降モダン・アートに絶大なる影響を及ぼしたマーガレット・キーンを演じるのは、『アメリカン・ハッスル』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたエイミー・アダムス。『ジャンゴ 繋がれざる者』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツが事件の鍵を握るウォルター・キーンを圧倒的な存在感で演じきります。

今回公開された日本版ポスタービジュアルは、ティム・バートンとマーガレット・キーンより、すぐにOKをもらったデザイン。大きな瞳の少女の絵が印象的で、少女の絵とともに描かれているのは“(C)KEANE”のサインです。ポスター下部にはキーン夫妻が絵を描いている姿も確認できますが、「大きな瞳だけが知っている。」の言葉通り、この絵とサインには驚くべき秘密が隠されています。

一度見たら忘れられない、こちらを見つめる大きな瞳の子どもの絵。そこに隠された秘密を、ティム・バートン監督がどのように魅せてくれるのか。また、ティム・バートン監督といえば、どこか幻想的でおとぎ話のような世界観を得意とする監督ですが、今作は実話を元にした物語。いったいどのような世界になるのか興味深いです。

映画『ビッグ・アイズ』 2015年1月TOHOシネマズ 有楽座他全国ロードショー

【ストーリー】
内気で口下手なマーガレット・キーン。彼女の描く悲しげな大きな瞳の子供たちの絵は、1960年代に世界中で大ブームを巻き起こした。
──ただし、夫のウォルターの絵として──
富と名声。両方を手にしたふたり。しかし、マーガレットは真実を公表し闘うと決心する。なぜ彼女は、夫の言いなりになったのか? なぜ彼女は、全てを捨てると決めたのか?アート界を揺るがす大スキャンダルの行方は──?

監督:ティム・バートン
音楽:ダニー・エルフマン 『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』
美術:リック・ハインリクス『フランケン・ウィニー』、『ダーク・シャドウ』
衣裳:コリーン・アトウッド『アリス・イン・ワンダーランド』、『シザー・ハンズ』
出演:マーガレット:エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』、『ザ・マスター』 ウォルター:クリフトフ・ヴァルツ『ジャンゴ 繋がれざる者』、『イングロリアス・バスターズ』

(C)Big Eyes SPV, LLC

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP