ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「私は南野陽子の夫に290万円取られた」被害女性が涙の告発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“セレブ婚”と話題を呼んだ南野陽子(47)の結婚から3年。その結婚相手の実業家に対して涙ながらに「お金が返ってこない」と告白するのが40代半ばの女性・A子さんだ。その金額は290万円。10月20日発売の週刊ポスト(10月31日号)が報じている。

 南野と会社経営者の加藤祐一氏(仮名・42)は2011年3月3日に「ひな祭り婚」を発表した。出会って半年の電撃婚だった。南野が住んでいた自宅マンションに加藤氏が移り住む形で結婚生活をスタートさせ、現在も暮らしている。

 その裏で加藤氏はA子さんに別の顔を見せていた。A子さんによれば、A子さんと加藤氏が知り合ったのは2009年。ほどなく仕事の相談などで2人は頻繁に会うようになる。しかし──。

 2010年4月、加藤氏がグアム旅行に行く際、A子さんのクレジットカードを持ち出したのだという。後日、届いた請求額は200万円を超えていた。カードを返してもらった翌月にも50万円近い請求が来たという。A子さんが加藤氏と南野の交際を知ったのはその直後のことだった。

「南野さんとの結婚1か月前になんとか290万円の借用書にサインをさせるところまでこぎつけました。でも、それから3年経った今も返済されないままです」(A子さん)

 週刊ポストはA子さんの告発を受け、加藤氏と南野の事務所に取材している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
南野陽子 亡き母の葬儀はマスコミの姿一切ない家族葬だった
夫婦の小遣い 夫3万~5万円未満29.2%、妻5万円以上5.6%
南野陽子 確執あった車椅子の父親を自宅に呼び寄せ介護生活

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP