ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港と台湾 学生たちが戦っている真の相手は中国の権力者達

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 民主的選挙を求める香港の学生デモに対し、15日未明、警官隊が排除に動き45人の逮捕者が出た。しかし、路上にテントを張って長期戦に備える学生も残ったままだ。催涙ガスから身を守るために用意した雨傘にちなんでデモは「雨傘革命」と呼ばれている。どう見るべきか。

 学生が反発しているのは、中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会が8月末に決めた2017年の行政長官選挙のやり方だ。形ばかり1人1票を決めたが、肝心の候補者は中国の息がかかった指名委員会が決めるとした。民主派は候補者選びの段階で閉めだされてしまう。それで学生たちは決定撤回と行政長官の辞任を求めている。

 中国は英国から香港が返還された1997年、香港基本法第5条で「香港特別行政区では社会主義の制度と政策は実施されず、50年間は従来の資本主義制度と生活様式を保持する」と定めた。

 学生たちは「約束違反じゃないか」と拳を振り上げるが、選挙制度を決めるのは常務委員会なので、たとえ梁振英・長官が辞めたとしても、中国が妥協しない限り問題は解決しない。いまのところ中国に譲歩する気配はなさそうだ。

 デモは香港だけに限らない。3月には中国とのサービス貿易協定締結に反対する台湾の学生たちが立法院(国会)を占拠した。こちらは支持者が学生に贈ったひまわりの花束が議場の演台に飾られたことから「ひまわり運動」と呼ばれている。

 学生たちはサービス貿易協定が「中国による台湾の植民地化を招く」と反対していた。4月になって立法院長が協定審議の棚上げを約束し、占拠は学生勝利の形で解消された。

 だからといって、やはり根本の問題は解決していない。中国はあくまで自分たちが主導する中台統一を目指している。学生たちは当然そのことを分かっているから、ネット上に発表した公式声明で「台湾人は中国の言いなりにならない」と闘争宣言している。

 つまり、香港でも台湾でも学生たちが戦っている真の相手は当局ではない。中国の権力者たちである。共通の敵は中国なのだ。

 中国側からみると、香港と台湾の事態は「喉に刺さったトゲ」と言っていい。それでなくても暴動やテロが頻発しているのに、デモが国内に伝染したら大変だ。といって、1989年の天安門事件のように戦車でデモ隊を押しつぶすわけにはいかない。

 そんなことをすれば、世界中から非難を浴びて新興国リーダーの座を失うだけでなく、国際金融センターとしての香港も失ってしまう。香港は中国の権力者たちが汚職で稼いだマネーを洗浄して、国外逃避させる場だった。手荒な対応は自分で自分の首を締めかねないのだ。

 歴史をみると、自由と独立を求める戦いは共産党独裁政権に勝利してきた。典型はバルト3国である。バルト3国は1940年に旧ソ連に併合されたが、ゴルバチョフ大統領失脚のきっかけになったソ連のクーデター失敗後、1991年8月に再び独立を達成した。それも促進剤になってソ連は崩壊した。

 自由と独立、民主主義を求めるバルトの人々のDNAは50年経っても消えなかったのだ。同じように香港と台湾のDNAも消えないだろう。学生たちは自由の価値を体で知っている世代である。

 中国が「香港を思いのままにできる」と考えるのは大きな勘違いではないか。基本法が定めた50年後の2047年、消えているのは香港ではなく中国かもしれないのだ。

文/長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ):東京新聞・中日新聞論説副主幹。1953年生まれ。ジョンズ・ホプキンス大学大学院卒。規制改革会議委員。近著に『2020年 新聞は生き残れるか』(講談社)

※週刊ポスト2014年10月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香港で中国批判デモ「イナゴ(中国人)は香港から出て行け」
ジャッキー・チェンの極端な共産党擁護発言に香港市民が反発
金美齢氏 馬英九政権続けば台湾は中国に吸収との危惧広まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP