ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 11Sの高機能なカメラアプリがAndroid 4.4ベースのXperiaに移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

OnePlus One にプリインストールされている標準カメラアプリ「Cyanogen カメラ」が Android 4.4.x を搭載した Xperia スマートフォンに移植されました。Cyanogen カメラは写真や動画、パノラマ写真を撮影できるカメラアプリです。しかし、そこは CyanogenMod の開発元、Android 標準のカメラアプリとは全く違う UI を備えており、次のような珍しい機能も搭載しています。しかも、移植版は Xperia のシャッターボタンにも対応しています(半押しも)。珍しい機能とは、JPEG 圧縮率を 55% ~ 100% で調節できること、20 枚のバーストショット(普通かな?)、追尾フォーカス(これも普通かな?)、AntiBanding (干渉縞を防止する機能)、低速度撮影、動画撮影時のビデオ・オーディオコーデックの切り替え、左手モード(カメラUIを反転させる)などなど。Cyanogenカメラは公式 ROM、AOSP ROM、その他のカスタム ROM に対応しており、下記のリンク先で配布されている apk ファイルを手動でインストールするだけで導入できます。Source : XDA Dvelopers


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus Player(TV500I)がFCCの認証を取得、まもなく予約再開か?
Android 5.0(LPX13Dビルド)を搭載したNexus 5とNexus 7をroot化する方法
Gear Live用の充電ホルダーが米国のGoogle Playストアで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP