ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性が「泣きやすい時期」の法則

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然の女性の涙を前に、理由がわからず困惑した経験がある男性は多いのでは? 女性である筆者の立場からしても、実はうまく説明ができないもの…。そこで、東邦大学医学部名誉教授の有田秀穂氏に聞いてみたところ、女性は男性に比べて“泣きやすい時期”があるのだという。

【大きな図表や画像をもっと見る】

「妊娠可能性が高い排卵期になると、女性の体内には女性ホルモンであるエストロゲン量が増加します。すると脳機能が活発化し、感情的になったり泣きやすくなったりする傾向が見られます。一方、男性のホルモン量は常にほぼ一定。男性が“女性が流す突然の涙”を理解できないのは、この差が原因でしょう」

では、いざ女性が涙したとき、男性はどう対応するのが正解なのか…? 脳科学的な見地から解説をもらった。

「人は男女ともに、涙を流すとリラックス状態で働く副交感神経が活発になります。その結果、心拍数と呼吸は落ち着き、脳はリセット状態に。いわば、涙はストレスを自浄する癒やしのプロセスなのです。ですから、脳科学的には女性が突然泣き出したときは、言葉にできないストレスを涙として外に出すことにより落ち着きを取り戻そうとしていると考えるのが自然です。

ところが男性は、女性の涙の謎に混乱するあまり『オレ、悪いことした?』などと、論理的な説明を求めがち。女性が泣いている最中は、それが彼女なりのストレス解消の時間だということを理解して、そっと見守るべきなのです」

では泣き止んだあと、先生ならどんなフォローを入れますか?

「泣き止んだあとは、女性も冷静さを取り戻しますから、涙の理由を聞いたり、話し合うならこのとき。もしここで彼女が『あの涙のことは、もういいの』というなら、それ以上言及しないのも男の優しさでしょう」

さすが、女心をわかってらっしゃる…! 「女性の涙は無言で見守る」、これが正解だといえそうです。

(中村朝紗子)
(R25編集部)

女性が「泣きやすい時期」の法則はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

書くだけで涙が出るノートが話題
女性は“好きな理由”で嫌いになる
涙は必至?「中年ロボットアニメ」
妥協して後悔!妻の欠点TOP10
仕事で男泣き 3人に1人は経験者

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP