ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

角を曲がるたび顔を変える街。オークランドの個性豊かなストリート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。TRiPORTライターの山本です。

田舎でもなく都会でもない雰囲気で、どこかノスタルジックさを醸し出すニュージーランドのオークランド。海や坂が多く、「帆の街」とも呼ばれています。また、オークランドの全ストリートには名前があり、それらが出す色や、イメージは各々に違います。

何でも揃うオークランドの中心地「クイーンストリート」

帆

Satoko Nishiyama Fujioka「帆の街オークランドを、デボンポート海軍基地から一望しよう。

まずはメインストリートであるクイーンストリート。メインなだけあって、デパート、薬局、書店などなど欲しいものは大抵見つかります。町並みを気ままに歩いているうち、地図にも載っていないような場所に迷い込んでしまうこともあるかも。そんなときの目印としてクイーンストリートは役に立つでしょう。困ったら、まずはクイーンストリートへ戻り、目的地を目指すのが間違いなさそうです。

お洒落なカフェでのんびり休憩「パーネル通り」

カフェ

写真:公式FaceBookCafe Rhythmより

続いてご紹介するのは、情緒溢れるパーネル通り。言わずと知れたお洒落ストリートです。どこを見ても飽きない景観で、歩くだけでも十分楽しめます。かわいらしいカフェがたくさん並んでいるので、カフェ巡り好きの方にはもってこいのストリート!

中でもオススメのカフェは「リズム」。ここは本格的なベルギーワッフルを堪能できるお店です。晴れた午後には、お店に設置されたテラスでティータイム、なんて贅沢なひと時が楽しめますよ。

さらに、パーネル通りの近くにはブロードウェイがあり、そこにはニュージーランド出身のデザイナーズショップが数多く立ち並んでいます。お洒落な人の心を刺激する「パーネル通り」です。

寝るのも惜しい!朝まで満喫したい「Kロード」

station

写真:未来の国ニュージーランド ~オークランド~より

オークランドの街は、夜遊びするにもピッタリですよ。クラブやパブ、風俗店などが並ぶKロードは、まるでミニ歌舞伎町! 少し怖いというイメージを持つかもしれませんが、貴重品さえしっかり管理すれば問題ありません。どのパブにもハッピーアワーがあり、曜日によってはフリーフードのサービスもあります。パブ意外にもゲイバーが多いため、入店前には確認しましょう。金曜日、土曜日は混雑するので注意です。

現地のカルチャーに触れたクラブで踊り明かせば、あなたもオークランダーの一員です。ノンネイティブの人々も多く集う場所ですから、英語に自信がない方も気軽に立ち寄ってみてくださいね。

みなさん如何でしたか?このようにオークランドには素敵なストリートがたくさん。どの道への第一歩も胸が高鳴りますよね。
それではみなさん、Have a safe trip!

*Satoko Nishiyama Fujioka「帆の街オークランドを、デボンポート海軍基地から一望しよう。
*Ikkoshi Ota「未来の国ニュージーランド ~オークランド~
*Hiroshi Yuri「NZ TRIP

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。