ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外観3階建て、内部5層構造の「ヘンな間取り」物件を現地訪問

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ヘンな間取り図」が密かなブームになっている。一枚の特徴ある間取り図を前に、ああでもない、こうでもないと分析しつつツッコミを入れる『間取り図ナイト』なるイベントも常にチケット完売の人気だという。

 とはいえ、百聞は一見に如かず。実際に「ヘンな間取り」物件に行ってみた。ここで紹介するのは“外観は3階建て、内部は5層構造”という物件。電話で問い合わせると、「実際に見ていただくのが早いです」(プランタンハウス・藤本知己氏)。間取り図だけでは説明しようがない物件なのだという。

 そこで現地に急行。物件は大阪府八尾市の田園地帯にある長屋風の建物だった。学校の部室棟のようにも見える。なんと総戸数は44もある。

 玄関は2階部分。ドアを開けると半帖ほどの土間があり、3段のハシゴ階段が上下に伸びている。上に上がると5帖の洋室、さらに3段上がると畳1枚分のロフトがある。玄関から下に3段のハシゴ階段を降りると4.5帖のダイニングキッチン、さらに下に降りると玄関の真下にユニットバスがある。

 コンパクトにまとまっているが、住人によれば「酔っぱらって玄関から“地下2階”の風呂場まで落ちる人がたまにいる」という。ちなみに『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)も取材に来たとか。筋金入りの「ヘンな間取り」であることは間違いない。

【賃料/月】2万5000円(共益費5000円)
【敷金/礼金】なし
【専有面積】16.23平方メートル
【構造】鉄骨造

※週刊ポスト2014年10月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
裸で玄関に出てから風呂入る? 変な間取り図が密かなブーム
「ヘンな間取り図」がブーム そのキーマンが見つけ方を解説
「ヘンな間取り図」生まれる理由を不動産業者・設計士明かす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP