ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK朝ドラ人気が民放各局にも波及 出演者が高視聴率を連発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ここのところ、「朝ドラ」ことNHK連続テレビ小説が絶好調だ。9月29日から始まった『マッサン』も20%台の高視聴率をキープ。2010年前期の『ゲゲゲの女房』から時間帯を15分繰り上げ、8時開始にすると、低迷していた数字が回復。2012年前期の『梅ちゃん先生』が全話平均視聴率20.7%を獲得し、昨年の『あまちゃん』は社会現象を起こすほどの大人気に。その後の『ごちそうさん』『花子とアン』も、大ヒットとなった。

 近年、全体的に視聴率が下がっているテレビ界において、朝ドラは明るい話題を振りまいている。実は、その効果は他局にも波及しているという。民放のテレビ局関係者が話す。

「大ヒットドラマに関わった女優・俳優が番組に出演すると、視聴率が跳ね上がる傾向にあります。視聴者は、人気ドラマ出演者の素顔を見たいという欲求を持っているのでしょう。

 わかりやすい例を出せば、昨年『あまちゃん』に主演した能年玲奈は、民放各局でも数字を稼ぎました。終了直後の2013年10月1日、『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出ると、13.8%を記録。その日の民放のなかで、いちばんの視聴率でした。7日には、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のテレフォンショッキングに登場し、7%で同時間帯トップ。当時の『いいとも』は5~6%程度でしたから、注目度の高さが窺えました。28日の『しゃべくり007』(日本テレビ系)は13.9%で、これまたその日の民放1位に。終了から1か月経っても勢いは、まったく衰えませんでした。

『ごちそうさん』に主演した杏は、放送終了直後の4月上旬に日本テレビ系のバラエティに多数出演しました。4月に始まった同局の主演ドラマ『花咲舞が黙っていない』の番宣も兼ねてのことです。すると、4月7日の『しゃべくり007』が15%、4月9日の『笑ってコラえて!』が13.2%(第1部)、4月10日の『ぐるぐるナインティナイン』13.2%(すべて日本テレビ系)と、いずれも高視聴率を叩き出しました。どれも、杏を中心に据えた構成でしたから、杏が視聴率を持っていたと言っていいでしょう」

 こうした実績から、『花子とアン』主演の吉高由里子が番組に出演すれば、数字はかなり跳ね上がると期待されている。

「それは間違いないでしょう。オファーも相当数に上っていると聞きます。ただ、今クールのドラマには出演していないし、宣伝する材料もないため、バラエティに積極的に出ていくことはなさそうです。そうなると、主演以外の人物にオファーが殺到します。

 主演でなくても、人気ドラマに出ていた俳優が登場すると、確実に番組の視聴率が上向くんですよ。昨年、視聴率40%超えの『半沢直樹』(TBS系)でおネエキャラを演じた片岡愛之助は、ドラマ終了の翌週、9月29日に『おしゃれイズム』に出ると、13.8%をマーク。10月19日の『さんまのまんま』でも、土曜17時という時間帯ながら、8.2%と結果を残しました。以降、愛之助はバラエティに引っ張りだことなり、年末年始も大忙しに。主演の堺雅人がバラエティには出ないため、片岡愛之助にお鉢が回ってきたわけです。

 そういう意味で言うと、今は『花子とアン』で吉高由里子演じる村岡花子の夫役を務めた鈴木亮平に注目が集まっています」(同前)

 実際、鈴木が出演した番組の視聴率は好調だ。『花子とアン』が放送中だったとはいえ、8月28日の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)は23時台ながら9.7%を記録。9月5日の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)は14.6%、9月22日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が15.1%となっている。いずれも、もともと視聴率の高い人気番組だが、平均以上の高視聴率を記録している。

「朝ドラの高視聴率は、テレビ界全体に良い影響を与えているのです。民放の情報番組などで、不思議と朝ドラの話題が出て、宣伝のような形になる場合もよく見受けられます。これは、“結局自分たちに高視聴率という形になって跳ね返ってくるから”という側面もあります」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
吉瀬美智子「最初で最後の秘蔵ショットinバリ島」独占公開
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
米倉涼子 『家政婦のミタ』を見て“ヒット作には理由ある”

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。