ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MCハマー 来日時『おぼっちゃまくん』観て大いに気に入った

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界中で人気を博している日本のアニメ作品。ストーリーマンガだけでなく、『ドラえもん』をはじめとするギャグマンガも、多くの国で支持されている。これまで多くのアニメ作品を手がけてきたシンエイ動画の元会長・楠部三吉郎氏は、新刊『「ドラえもん」への感謝状』(小学館)の中で、アニメ『おぼっちゃまくん』の知られざるエピソードを明かしている。

 * * *
 面白ければね、世界中、どこだってウケるんです。アニメ『ドラえもん』は、いまでは30以上の国と地域で放映されています。2014年の夏からはアメリカでの放映も始まりました。『クレヨンしんちゃん』もそう。どちらも、日本の日常生活をベースにしたギャグマンガですが、世界中で笑ってくれているのです。

『おぼっちゃまくん』(小林よしのり原作、『月刊コロコロコミック』ほか連載)もそうでした。かなり下品なギャグを連発する作品ですが、これがアニメでもウケました(1989年1月~1992年9月/テレビ朝日系)。

『おぼっちゃまくん』は平成になってから初めて放映されたアニメ番組だそうですが、平成のはじめ、世界中で人気絶頂だったのがラップミュージシャンのMCハマーです。アルバムが、全世界で1000万枚以上売れるという大人気で、1991年に初来日しました。この時、ホテルのテレビで、なぜかMCハマーが『おぼっちゃまくん』を観たそうなんです。

 英語はサッパリなので、何と言ったか知りませんが、ともかく、天下のハマーが、『おぼっちゃまくん』をいたく気に入った。それでトントン拍子で話が進み、最終的には、このアニメのエンディングテーマを歌う、ということになりました。それが、「GO!GO!ハマちゃま(COUNT IT OFF)」です。「ともだちんこ」はアメリカのミュージシャンにもウケたんですね。

※楠部三吉郎・著/『「ドラえもん」への感謝状』より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アニメ『ドラえもん』の声を初めて聞いた故・藤本弘氏の感想
生誕マイナス100年のドラえもん 意外と知らない豆知識
謎に包まれた「のび太の入学式」が3月11日に明らかになる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP