ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】大学病院は大きな老人ホームになりつつある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●L’hôpital universitaire est devenu une grande maison de retraite !
大学病院は大きな老人ホームになりつつある!

●Ceux qui se fondent dans l’environnement sont des faibles !
環境にはまる人は弱い人です!

●Comme l’élevage des animaux,faire naître des dizaines d’enfants,montre le manque de morale actuel !
動物のように8人の人間を生ませて、モラルが無くなった今の世の中!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【キャラビズム】老人ホームに老犬ホーム、猫だけホームレス
【キャラビズム】老人ホームは、現代の「姥捨て山」なのか!
【キャラビズム】引退を考えて生きた男、引退後何を考える?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP