ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妊娠発覚した女性 喜びつかの間「保活」タイミング最悪と語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 少子化対策や女性の活躍の喧伝とは裏腹に、待機児童問題は実は深刻さを増している。保育の問題に詳しいジャーナリストの猪熊弘子さんがリポートする。

 * * *
「妊娠しました!」

 先月、東京都江東区に住む会社員の友人から、LINEでメッセージが届いた。彼女は永井幹子さん(35才・仮名)。結婚して数年が経ち、そろそろ子供を、と思っているところにようやく妊娠した。

「おめでとう!」

 と返信するや、返ってきた答えは予想に反し、およそ待望の命を宿した女性の文面ではなかった。

「来年、保育園に入れるかどうかが心配で…。来週から早速『保活』しようと思っています。タイミング的には最悪。とても憂鬱です」

「保活」とは、保育園に子供を預けるための活動のこと。「就活」、「婚活」、そして子供をつくるための「妊活」を経て、念願の赤ちゃんを授かったばかりのプレママたち。その喜びをかみしめる間もなく、今度はすぐに「保活」に走らなければならない。

 永井さんの出産予定は3月。彼女の言葉通り、保活においては「最悪」の時期だ。というのも、現状では子供を預けられるのは最短でも生後43日からになる。そのため、3月生まれの子供はその年の4月には預けられない。

 しかし、ほとんどの保育園が4月でいっぱいになってしまうので、翌年4月を目指すことになるが、多くの母親が仕事に復帰する1才での入園は、待機児童が最も多い“激戦区”なのだ。永井さんはこう嘆く。

「同じ区に住む会社の先輩で、保育園が見つからなくて、なかなか仕事に復帰できない人がいます。別の先輩にも、『1才の4月に認可保育園に入るなんて到底無理。秋頃にはどこかに預けておかなきゃ、1才の4月になったらどこにも預けられないかもしれないよ』と脅されています。だからなおさら、今から保活しなきゃって…」

※女性セブン2014年10月23・30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
シッター遺棄事件「待機児童ゼロ」宣言した横浜市の責任指摘
シッター事件の背景「24時間の認可保育園は5園のみ」と識者
公立保育園申し込み小雪に「セレブはどうぞ幼稚園に」の声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP