ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッファロー社製のUSBメモリを分解したら、中からMicro SD!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近では大容量のものも増えているせいか、仕事や勉強のデータをUSBメモリに入れて持ち歩いている人も少なくないが、果たして、その中身をちゃんと確認したことがあるだろうか?場合によってはそうしたアイテムの中に「見た目のみがUSBメモリ」のものも含まれている場合があるようだ。

あるユーザーによって投稿されたこの画像は、バッファロー社製のUSBメモリを分解したものだという。しかし、投稿者の話によると、その中に潜んでいたのは、あろうことか、Micro SD。つまりは、周辺機器との接続を「USB仕様」にしたMicro SDだということなのだ。そのため、このユーザーは怒り心頭といったご様子だが、画像を見た他のユーザーからは意外な声も。

「こりゃ便利そうだね。」
「同じもん持ってるよw独自に組むより安上がりだしいいアイディアと感心したもんだが、ツイッターにつぶやくという発想はなかった。」
「私もこれ持ってますけど、怒る理由がイマイチ分からないです。むしろコスト抑えつつニーズに沿った製品を投入できるのなら良いのでは?プラ部分が取れちゃうのは、良くないと思いますけどね。」
「これなら普通にMicroSDと格安のUSBメモリー型カードリーダーでいいじゃないか。」
「なんかかっこいいなw」
「超小型ならば不思議なことではないのでは? 機能的に何か不満があるのですか?」
「変換コネクタとして使えるじゃん」

たしかに、考えようによっては、Micro SDとしてもUSBメモリ(風のなにか)としても使えるため、便利と言えば便利。しかし、USBメモリだと信じて買ったものの中から、Micro SDが出てきたのでは、落胆を覚えるという人も少なくないハズ。無論、真偽のほどは定かではなく、ユーザー側の誤解ということも考えられるが、仮にもしこの画像が「ネタ」ではなく「ガチ」なのだとしたら、やはりメーカー側にはしかるべき対応を望みたいというのが、購入者にとっての本音と言えるかもしれない。

文・藤本秀太

【参照リンク】
https://twitter.com/AritakaHVA/status/518395554632450049/photo/1 Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP