体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

共働き夫婦のための住宅ローン講座(2) 組み方のメリットとデメリット

共働き夫婦のための住宅ローン講座(2) 組み方のメリットとデメリット(写真:iStock / thinkstock)

共働き夫婦で夫の収入だけでなく、妻の収入を合算して住宅ローンを組む世帯が増えている。前回(http://suumo.jp/journal/2014/10/02/70500/)は、共働き夫婦が住宅ローンを組む方法として、大きく「連帯保証」「連帯債務」「ペアローン」の3種類があると書いた。今回はそれぞれのメリットやデメリット、注意点などを解説しよう。リスクが高い割にメリットが少ない「連帯保証」

「連帯保証」「連帯債務」「ペアローン」の違いを示したのが下図だ。住宅ローンコンサルタントの加藤孝一氏が作成した資料から抜粋した。これを見れば、3つの違いが見えてくる。契約上の位置づけ、住宅ローン控除や団体信用生命保険の適用の有無、所有権などが異なってくる。

【図1】共働き夫婦の住宅ローンの組み方による違い(取材をもとに筆者作成)

【図1】共働き夫婦の住宅ローンの組み方による違い(取材をもとに筆者作成)

連帯保証の特徴は、住宅ローンを契約するのは夫1人(主債務者)であり、妻は連帯保証人の扱いになる。連帯保証人は主債務者の返済が滞った場合、主債務者とほぼ同等の支払い義務が生じる。例えば、夫が夜逃げするなど考えにくいが、万一そうなった場合、妻は残ったローンを肩代わりして1人で払うはめになる可能性がある。

「連帯保証のメリットは、妻を借入人にせずとも妻の年収を合算することで借入額を増やせることぐらい。それ以外は、夫だけが住宅ローンを組む場合と変わりません。一方、デメリットは、妻は債務者ではないため、団体信用生命保険が適用されず、住宅ローン控除も受けられないことです」(加藤さん)

共働きローンの返済額を実質的に減らす最も強力な武器が住宅ローン控除を2人分使うこと。連帯保証はそれが使えない点は大きなハンデとなる。

夫の死亡時は団体信用生命保険が適用されるため、妻がローンを返済する必要はない。しかし、妻の死亡時は団体信用生命保険がないため、妻の収入で払っていた返済も、夫1人で払い続ける必要が生じる。夫の収入が高かったり、借入額が少なかったりすればいいが、夫婦の年収を合算して連帯保証で借り入れる場合はリスクが高いと言えそうだ。「連帯保証で借りる際、妻は生命保険に別途入るなどしたほうがいい」(加藤さん)「連帯債務」は固定金利で安心感が高いフラット35

連帯債務は、夫が主債務者、妻が連帯債務者となって1つの住宅ローンを契約する形態だ。夫婦ともども借入額の全額分の支払い義務を負う。連帯債務のメリットは、住宅ローン控除を夫婦とも受けられることだ。契約するローンは1本なので、必要な書類や手数料が1人分で構わない点もよい。

一方、団体信用生命保険は、民間金融機関が扱う一般的な住宅ローンと、住宅金融支援機構の「フラット35」を利用する場合で異なる。「前者は団体信用生命保険が主債務者しか加入できませんが、フラット35は2人とも団体信用生命保険に加入できます」(加藤さん)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会