ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長、競走馬命名騒動を語る「共同馬主詐欺だったかも」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、高須院長に降りかかった競走馬命名拒否騒動の真相について語っていただきました。

 * * *
──今回の競走馬の命名拒否騒動なんですが、なんだか大変でしたね…。ひとまず、騒動の流れを振り返りますと、高須院長が古くからの友人に共同馬主にならないかと誘われ、高須院長は命名権を持つことを条件に、競走馬の価格の半額となる2500万円を出資したんですよね。

高須:そう。Sという男にアメリカでいい馬を見つけたから半額出さないかって誘われてね。僕としては、賞金とか利益はどうでもいいから命名権をくれるなら出してやろう、ってことで2500万円を出したんだよ。で、どんな名前でもいいから3つ候補を出してくれって言われて、「イエスタカス」「イエスイエスタカス」「イエスタカスイエス」っていう名前を出した。

──そうしたら、その名前では審査に通らなかった、と、

高須:Sの代理人から連絡がきて、「イエスタカスではJRAの審査に通りませんでした」って。「タカス」がダメだっていうんなら、「イエスカッチャン」でもいいよって言ったら、「実はJRAがこの名前が相応しいということで、すでに別の名前に決まっています」って言うんだよ。それで「話が違うじゃないか!」って怒り狂ってツイッターにつぶやいちゃった。

──その後フジテレビの『ノンストップ!』が馬名を審査する「ジャパン・スタンドブック・インターナショナル」に取材したら、そもそも「イエスタカス」という名前での申請自体がなかったっていうことが明らかになります。

高須:そうなんだよ。それで、馬を持っている別の友人が「JRAのほうで馬に名前をつけることもないし、イエスタカスが審査に通らない理由もない」って教えてくれたんだよ。どうやら、Sは最初から僕に命名権を渡すつもりはなかったのかもしれないね。

──どういう目的があって、こんなことになったんでしょうか…。

高須:よくわからん。単純に「イエスタカス」っていう名前が気に入らなかったのかもしれないし、別の理由があるかもしれない。

──なんとなく詐欺的なニオイもしますよね…。

高須:そう。たとえば、僕以外にも共同馬主がいて、それぞれに半額の資金を募っていたかもしれないよね。ホステスがよく使う手口だよ。「あなたのために豊胸手術をしたいから100万円サポートして」って10人の客から金を引っ張って、100万円の豊胸手術を受けて、さらに900万円儲ける、みたいなね。

──なるほど。この馬に2500万円を出した共同馬主が、高須院長以外にも何人かいるかもしれないってことですね。

高須:もし「イエスタカス」っていう名前になったら、「高須クリニックの院長も馬主なのか?」ってなって、別の共同馬主にバレちゃう。だから、「ダッシングなんとか」っていう、覚えにくい名前がついたのかもね。

──たしかにありそうな話です…。ちなみに、お金は返ってきたんですよね。

高須:文句を言ったらすぐに返ってきたよ。むしろ早過ぎるくらい。すぐに返せるお金が手元にあるんだったら、僕に共同馬主にならないかなんて声をかけないで、最初から自分で買えよって思ったよ。

──まさに、そのとおりです。

高須:どうしても許せなかったから、真相を暴いてほしいと思って、ツイッターでもつぶやいたんだけど、いやあすごいね、ネットユーザーは。すぐにこの馬を特定して、Sの本名も割り出してきたよ(笑い)。

──さすがはネットユーザーの調査能力!

高須:でも、Sとはそれっきり連絡がつかなくなっちゃったんだよ。大学生の時からの付き合いだったのになあ。なんだか悲しい話だね。ただ、もう今回のことで懲りた。馬の世界からは足を洗うことにする。もともとSとの付き合いで馬主をやってただけだし、その付き合いがなくなったんだから、馬の世界にいる義理はないんだよ。いやあ、でも悔しいよなあ。「イエスタカス」っていう名前の馬が、ダービーにでも出ていたら、誇らしかったよなあ…。

 * * *
 金銭的な損害があったわけではないが、古くからの友人に裏切られた形となった今回の一件が、相当悔しかった様子の高須院長。しかしながら、馬のデータや馬主(S氏)の本名を割り出したネットユーザーには感心しきりで、「僕の知らないことまで全部知ってるよ」と、なぜだか嬉しそうな表情を浮かべていました。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱
高須クリニック院長 ゴルフでギネス世界記録を達成する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP