ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大江アナ結婚もWBS視聴率変わらず 女子アナと視聴率の因果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『好きな女子アナランキング』で1位に輝いたこともあるテレビ東京の大江麻理子アナが、9月17日にマネックス証券の松本大社長と結婚。ファンからは落胆の声が上がったが、メインキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト』(以下、WBS)の視聴率にはどんな影響があるのだろうか。テレビ東京関係者が話す。

「不思議なのか、当然なのか、結婚前後でWBSの数字は変わらないですね。たとえば、結婚発表前日の9月15日は3.3%で、発表当日の16日は3.9%、翌17日は3.8%とほとんど同じです。その後も、3~4%台です。視聴者はWBSという番組に興味を持っているのであって、大江さん目的で見ている人はあまりいないと思われます」

 そもそも一般的に、女子アナと視聴率の相関はどうなっているのか。テレビ局関係者が語る。

「局の顔である帯番組やゴールデン帯の番組には、人気女子アナが起用されます。そのため、数字を持っている、持っていないという話が出るのだと思います。もちろん、まったく視聴率に関係ないとは言えませんが、いわゆる潜在視聴率を数パーセントも持っている女子アナはいないでしょうね。

 たとえば、フジテレビで『笑っていいとも!』の代わりに始まった、亀山千広社長肝いりの『バイキング』には、フジのエース・加藤綾子アナが火曜日と木曜日に起用されていましたが、視聴率は低迷。これは、決してカトパンのせいではないです。逆に言えばカトパンを起用すれば数字が上がるという傾向もないと言えるでしょう。10月からは新人の永島優美アナに代わりましたね。

 フジの『めざましテレビ』の裏番組であるTBS『あさチャン!』は、人気の高い『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)、『真相報道バンキシャ』(日本テレビ系)などの実績から“視聴率を持っている”と言われた夏目三久を起用。しかし、視聴率は苦戦しています。

 以前、フジで中野美奈子アナが『めざましテレビ』から『とくダネ!』に移ったとき、『とくダネ!』の数字が上がらず、“ナカミーは視聴率取れない”などと言われました。それだけ期待されていた証拠でもありますけど、中野アナの責任ではない。当たり前のことですが、視聴率は番組の内容いかんで決まります。彼女たちほどの大物でも、こんな状態ですから、“視聴率を持っている”と判断できる単体の女子アナは、皆無とすら言えそうな状況です」

 ただ、女子アナの起用で数字が変わるケースもあるという。

「大人数が集まれば、女子アナは視聴率を取れるコンテンツになります。たとえば、『めざましテレビ』は加藤綾子、山崎夕貴、三田友梨佳らの局アナを起用し、前番組の『めざましアクア』には皆藤愛子、長野美郷、高見侑里というセントフォースのエース級が花を添えています。出勤前の男性視聴者にとって、これだけの美女が揃う『めざまし』はやはり魅力的でしょう。

 フジでは、以前『女子アナスペシャル』を新春特番としてゴールデン帯で放送し、高視聴率を獲得していました。これも、大人数の女子アナを集めた成果だと思います。

 古くは1993年、日本テレビが永井美奈子・薮本雅子・米森麻美の3人で『DORA』というユニットを結成。本当は、逸見政孝や美川憲一などが出演していた音楽番組『夜も一生けんめい』での1度きりの企画だったのですが、その回が高視聴率だったため、本格的な活動をすることになったという経緯もあります」(同前)

 女子アナ一人だけでは視聴率に大きな影響がなくとも、複数人集まればそれなりに影響があるようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
テレ朝の宇賀なつみアナ 将来は局の看板背負う存在になるか
「視聴率だけでなく女子アナの質も下げ止まらず」とフジ社員
高島彩が11位 女子アナ潜在視聴率トップ20を発表

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP