ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐のニューアルバム『ザ・デジタリアン』タイトルは櫻井提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月22日にリリースされる嵐のニューアルバム『ザ・デジタリアン』は想像が膨らむタイトルとなっているが、このタイトルは櫻井翔が提案したものだった。櫻井が語る。

「デジタルなものと人間的なものを融合したものにしたいという話のなかでいろんなテーマを上げていったんです。“ヒューマニックデジタル”とか“ヒューマンエレクトロ”とか造語なんだけどいろいろ案を上げていくなかで、急に思いついちゃって。それも大阪の『ワクワク学校』の時に(笑い)。

 ベジタリアン、菜食主義、デジタル主義みたいなのと、エイリアンじゃないけど、デジタル人間みたいなダブルミーニングなんだよね。15周年にアニバーサリーアルバムを出すって提案もあったんだけど、俺はそれは嫌だったんです。

 14年目や16年目と同じような15年目でありたかったから、あくまでもオリジナルアルバムを出すってスタンスで作りたかった。5年刻みで一喜一憂していても仕方ないと思うから。もちろん、お祝いをしていただくのはとてもありがたいことですし、嬉しいです。

 でも、3歩進んで2歩下がっちゃいないか、3歩進んで止まり、また3歩進んで止まったりってことをやり続けていても仕方ないよね。振り返ってばかりじゃ、新しいものは何一つ生み出せないから。ここ数年、ファンのかたがたが聴きたいものを提示するのが『アラフェス』であり、その後のアルバム『Popcorn』(2012年)から始まったドームツアーが俺たちがやりたいもの。そんななかで俺らの構図ができたと思う」

 このアルバムで嵐としてやりたいことがあった。それは細かいことではなくてスタンスとして。明確なコンセプトがあったなかでできあがったアルバムが本作なのだ。

※女性セブン2014年10月23・30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大前研一氏「デジタル家電戦場はスマホからテレビへ移る」
木漏れ日の中でツンとした表情みせるYURIちゃん 未公開写真
高機能デジカメ 機能開発費かさみ利益出すの難しいと販売店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP