ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートフォンのデータ通信量を節約できるAndroidアプリ「Opera Max」が日本国内でも利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Software が海外で提供しているスマートフォンのデータ通信量節約アプリ「Opera Max」が(たぶん)最近日本国内でも利用できるようになりました(公式発表は行われていませんけど)。Opera Max は今でもなお米国の Google Play ストアでしか配信されていません。以前はアプリをダウンロードできたとしても起動後に「あなたの国では利用できません」と表示されてしまい、アプリの機能を利用することはできませんでしたが、先ほど確認してみたところ、使えるようになっていました。Opera Max は、Android スマートフォンがモバイルデータ接続中にインストール済みアプリのデータ通信を圧縮するアプリです。Opera ブラウザに組み込まれている「オフロードモード」を全アプリに拡張するようなアプリになります。Opera Max で圧縮されるのは HTTP を利用した通信のみ。最近では HTTPS をデフォルトで利用するアプリも多いので、アプリによっては効果を満足に得られないこともありますが、Opera 曰く、50% は節約できるそうです。上限付きのデータプランを利用している方にとっては通信量を減らすことが可能になるほか、データは圧縮されるので低速な回線でも表示速度の向上が見込まれます。Opera Max にはデータ通信の圧縮に加えて、モバイルデータ利用中に起動を制限する(データ通信量抑制のため)機能もあります。APK : COPY


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z4(仮称)は2015年3月に発表? 5.5インチWQHDディスプレイやSnapdragon 810、4GB RAMを搭載するという噂
Sony MobileがXperia Z3の公式バッテリーテスト動画を公開
Sony、Xperia Z3 Tablet Compact用純正アクセサリー「SCR28/B」と「ET988」を国内で11月7日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP