ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本が作った「ある椅子」が海外で話題に 「怖い」「日本がまた・・・www」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

独り身の人もこれさえあれば寂しくない、とばかりの椅子が発売され、海外で話題を呼んでいる。

これは、介護用品を手掛ける日本の株式会社ユニケアが発売した「やすらぎチェア」。人形と椅子が一体となった”抱擁”椅子で、人形の腕が座る人を優しく包むことで、人に抱かれる安心感を与えるという。

ユニケアいわく、そもそもこの椅子は介護を必要とするお年寄りや、認知症、不安を抱える人のために作られたものだが、若い人や健常者に使ってもらってもまったく問題ないそう。

「この椅子は、独り暮らしの人の寂しさを和らげてくれる効果もあるでしょう。話しかけたり、抱きしめたりもできます」。

この製品を知った海外の人たちからは、「日本がまたおもしろいの作ってる…(笑)」、「すごいなこれ…(笑)」といった声や、「怖くないか…?」、「値段、高っ」、「これ作るんだったら、抱きしめてくれるバイトでも雇ったほうが簡単そう」など、多々コメントが寄せられている模様だが、なんにしても人々の注目を集めているのは確かなようだ。

「やすらぎチェア」の気になる値段は、46,000円とのことだ。

■参照リンク
Japanese Company Creates Creepy Hugging Chair for the Lonely
http://www.odditycentral.com/news/japanese-company-creates-creepy-hugging-chair-for-the-lonely.htmlPermalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP