体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ライブ、トーク、プレゼンで音楽を楽しむ・知る・考えるエンタメフェス」 YEBISU MUSIC WEEKEND オーガナイザー 大山裕之氏インタビュー

「ライブ、トーク、プレゼンで音楽を楽しむ・知る・考えるエンタメフェス」 YEBISU MUSIC WEEKEND オーガナイザー 大山裕之氏インタビュー

「ライブ、トーク、プレゼンで音楽を楽しむ・知る・考えるエンタメフェス」
YEBISU MUSIC WEEKEND オーガナイザー 大山裕之氏インタビュー

YEBISU MUSIC WEEKEND オーガナイザー
大山裕之(おおやま・ひろゆき)

11月1日、2日、3日に、東京・恵比寿ガーデンプレイスの3会場(ザ・ガーデンホール、ザ・ガーデンルーム、STUDIO38)にて、音楽イベントYEBISU MUSIC WEEKENDが開催される。「ライブ、トーク、プレゼンで音楽を楽しむ・知る・考えるエンタメフェス」を掲げる同イベントは、その言葉の通り音楽を軸としたコンテンツがこだわりのあるコンセプトのもとに混在しており、多彩なアーティストが良心的な価格で楽しめるということでも話題を呼んでいる。
「僕はあくまでいち音楽リスナー」と語るオーガナイザーのひとりの大山さんに、イベントについてはもちろん、リスナーの立場から感じるシーン、同世代の音楽体験の現状、昨今のメディアの潮流にいたるまで話を伺った。(Jiro Honda)
2014年10月17日掲載

PROFILE
大山裕之
UI・UXデザイナー、音楽ブロガー(Come-In Come-Out)、KKBOXでニュース執筆などの活動を行う。
YEBISU MUSIC WEEKEND
Come-In Come-Out
Twitter

フェスってまだ出来ることがある

—— YEBISU MUSIC WEEKENDは、YOAKEの延長線上に産まれたイベントということですが、大山さんが関わるようになったきっかけは?

大山:YOAKE第一回目のトークセッションに飛び入りで出演させられまして(笑)、そこではじめて現在YEBISU MUSIC WEEKENDの実行委員会として一緒にやっている三人とお会いして、繋がりができました。

—— 大山さんが音楽イベントに関わっていくモチベーションというのは?

大山:初めのうちは完全に巻き込まれた感じだったんですけど(笑)、フェスってまだ出来ることがあるんじゃないかなという気持ちが出てきましたね。例えば、Coachellaだったらストリーミングのライブ配信とか、SNSでの情報の拡げ方とか、イベントとしてのブランドは既に確立されているにも関わらず、どんどん新しいことへ取り組んでいるのに影響されたというか。

—— 音楽イベントやフェスとして、まだファンやリスナーに提案できる余地を感じていると。

大山:あと、イベント制作者の中に僕のような音楽業界の外にいる人間の視点があった方がいいというのもあります。しがらみがない分、業界の慣例にとらわれない客観的な意見や考えを、敢えて空気を読まずに提示できると思うので。それが実現できるかどうかは別ですけど(笑)。

—— 大山さんの本業はWebデザイナーですが、音楽ブログをやって音楽ライターでもあり、音楽メディアSpincoasterのキュレーターだったり、今回のように音楽イベントを手がけていたり、一般の人からすれば音楽の仕事をしている人に見えるかもしれませんよ(笑)。

1 2 3 4 5次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。