ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

行列を作る絶品「担々麺」 とろとろスープとプルプル麺は病みつき請け合い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月16日放送の「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系、毎週木曜午後7時)で「行列のできる即日完売グルメBEST15 関東 秋の最新版 実際に並んで食べ尽くせ」と題し、お笑いコンビ「U字工事」の福田薫さんと益子卓郎さん、タレントの松本明子さんが担々麺専門店「中華 四川」(神奈川県小田原市)を訪れた。

 同店は最寄り駅から約1キロ離れた人けが少ない所にある。この日は閉店1時間前にもかかわらず、30分待ちの列ができていた。中には30年も通い続ける常連客もいた。目当ては1日400杯も売り上げる「担々麺」。味の決め手になるひき肉は、強い甘みが特徴のもち豚の本ロースとヒレ肉を使う。これに秘伝のたれ、鶏がらとげんこつのスープ、炒めたザーサイなどを加える。とろみの強いかたくり粉を入れ、トウバンジャンで辛みを加えれば、とろとろスープが出来上がる。自家製の縮れ麺を入れると完成だ。

 「担々麺」を食した松本さんは「なにこれ!? 超とろとろ、超うまい! さっぱりしてますよ、これは癖になる!」とその味に感激した。益子さんも「何だこれ、うめぇ! プルプルだ! とろんとろん!」と歓声を上げた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:中華 四川 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:小田原のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:小田原×ラーメン・つけ麺のお店一覧
ブラマヨ小杉が「今まで食べたことのない」と表現! フレンチシェフの路地裏カレー
女性に人気の「テフタンメン」 おいしさの秘密はたっぷりの野菜と赤いスープ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP