ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性に人気の「テフタンメン」 おいしさの秘密はたっぷりの野菜と赤いスープ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月16日に放送された「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)で、「発見!謎のご当地“名物グルメ”」と題し、リポーターの宮脇理恵子さんが中華料理店「あづま家」(埼玉県朝霞市)を訪れた。

 40年以上も地元の人に愛されている同店の名物は、赤いスープが印象的な「テフタンメン」(780円 税込み)。特製スープで10種類ほどの野菜と肉を炒め、たっぷりのニンニクとトウバンジャンなどで辛みをつける。それをゆでた麺にかけ、最後にトロトロの卵とじをのせて完成。「テフタンメン」という名前は、店主が「テグタンスープ」を参考にして付けたのだという。

 「野菜がいっぱい入っている」と女性客に大好評。宮脇さんも「おいしい。辛いだけじゃなくてしっかりと味が付いている」とコメントし、続けて「野菜がたっぷり。本当に癖になっちゃう味」と評していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:あづま家(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:朝霞のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:朝霞×ラーメン・つけ麺のお店一覧
ブラマヨ小杉が「今まで食べたことのない」と表現! フレンチシェフの路地裏カレー
女性に人気の「テフタンメン」 おいしさの秘密はたっぷりの野菜と赤いスープ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP