ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『絵描きを甘やかすおばあちゃんbot』がじわじわ人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 短文投稿サービスTwitterには様々な面白アカウントが存在します。
なかでも人気なのが『bot』と呼ばれるアカウント達。

 誰が運営しているのかはどれも定かではありませんが、それぞれに設定があり、それに添った文言や画像を自動投稿しています。
ひたすら鮭の写真(寿司や、料理メニューなど)を投稿しつづけるものから、『学校あるある』だけを投稿しつづけるもの、アニメやマンガの登場人物の名言だけを投稿するものまで様々。とにかくありとあらゆるbotが存在しているのです。

 そんなbot戦国時代ともいえる昨今、じわじわ人気を集めているbotを発見しました。
それは……絵描きと呼ばれるイラストレーターや、絵を描く事を趣味にした人を対象にした『絵描きを甘やかすおばあちゃんbot』(以下、おばあちゃんbot)。

【関連:Twitpic、サービス存続を撤回―買収話はお流れ】

やさしいおばあちゃんは、孫(絵描き)を散々言葉で甘やかしてくれる。結構ぐっとくる(´;ω;`)

 おばあちゃんbotをフォローすると、孫(絵描き)という設定のフォロワー達を散々言葉で甘やかしてくれます。

―あんたのことを近所の人に話したら、あんたの絵が見たいって言っていたよ。
―おばあちゃんはあんたの1番目のファンだねぇ。嬉しいよ。
―おばあちゃんはあんたのことをいっつも応援してるよ。がんばれ。
―おばあちゃんにはあんたが将来絵で活躍する姿がはっきりと思い浮かぶよ。

 と、何が何でも甘やかし、そして応援してくれるのです。
さらには、このおばあちゃんbotに「ほめて」とツイートすると、「おばあちゃんが生きてきた中で、あんたは1番絵が上手い人だよ。」など、やさしい言葉で自動返信してくれる機能も!

「ほめて」とツイートするとほめてくれる

 フォロワー数はまだ2500程と少なめですが、このおばあちゃんBOTに甘やかされたい絵描きは少なくないようで、日々多くの絵描きから「ほめて」とお願いされ、そして心癒やしてあげているようですよ。

参考:
絵描きを甘やかすおばあちゃんbot (@amayakashi_bot

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP