ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『シン・シティ』続編、J・G・レヴィットら超豪華キャスト参戦で2015年1月公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2005年、「究極の刺激!」と絶賛された映画『シン・シティ』。ファン待望の続編がついに日本でも来年1月に公開となるが、この邦題が『シン・シティ 復讐の女神』に決定!それと同時に刺激的すぎるビジュアルも解禁となっている。

原作者フランク・ミラーの伝説的グラフィック・ノベル「シン・シティ」から、最も人気の高いエピソード2話と、新たに書き下ろした2話で構成された本作。欲望渦巻く罪の街で、腐敗した権力に汚されたアウトサイダーたちの壮絶な復讐劇が描かれる。監督は前作に引き続き、フランク・ミラーとロバート・ロドリゲスの黄金コンビ。

出演者には、前作からのジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスら豪華キャストに加え、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジョシュ・ブローリン、エヴァ・グリーンなど曲者たちが新たに集結。疾走感溢れるアクションとクールな映像美と共に、魂を揺さぶる男と女の熱きドラマは、前作を凌ぐ超娯楽アクション大作へと進化している。

解禁となったポスタービジュアルも刺激強め。ジェシカ・アルバ演じる愛する人を失い復讐に燃えるストリッパーのナンシーを中心に、自ら命を絶ったナンシーの最愛の刑事ジョン(ブルース・ウィリス)。前作からの人気キャラ、心優しき野獣マーヴ(ミッキー・ローク)。愛に溺れる私立探偵ドワイト(ジョシュ・ブローリン)。そしてジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるフランク・ミラー描き下ろしの新キャラ、若きギャンブラーのジョニーなど、新旧入り混じったシン・シティのアウトサイダーたちが復讐心に満ちた表情で集結している。

対する強大な敵は、パワーズ・ブース演じる、シン・シティ最大の権力者ロアーク上院議員と、全ての男を翻弄する魔性の女エヴァ(エヴァ・グリーン)。悪さたっぷり不敵な表情は不気味な怖さだ。

ちなみに、前作でクライヴ・オーエンが演じたドワイトがジョシュ・ブローリンになった理由は本編で明かされるそうなので、こちらもしっかり見届けたい。

『シン・シティ 復讐の女神』は2015年1月、TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー!!

(C)2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved.Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP