ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元祖天才バカボンの「目玉のおまわりさん」が悪役でない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バカボンのパパやレレレのおじさんなど、多彩なキャラクターが登場する故・赤塚不二夫氏原作のアニメ『元祖天才バカボン』(日本テレビ系・1975~1977年)。なかでも異彩を放っていたのが、どこでもやたら発砲する「本官さん」こと「目玉のおまわりさん」だ。当時、東京ムービーで同作のアニメ化に携わったシンエイ動画の元会長・楠部三吉郎氏は、著書『「ドラえもん」への感謝状』(小学館)の中で、その知られざるエピソードを明かしている。

 * * *
 実際の放映は1975年10月からでしたが、当然、その前から作り始めないといけません。急いでスタッフを集めて一席ぶちました。

「起承転結とか、そんなの何だ。シナリオになってないとか、そんなことはどうでもいい。話をまとめようとか、そんなこと思わなくていい。これは子どもたちに笑ってもらうもんなんだ。起承転結じゃない。起承転々だ」

 天才の発想を起承転結のありきたりの枠の中に収めてしまうから、つまらなくなる。だったら先生の発想そのまま、起承転々でいけばいい。『天才バカボン』はストーリーマンガじゃなくて、ギャグマンガなのです。シナリオやストーリーが破綻していたって、笑ってもらえればそれでいいのです。

 もうひとつスタッフに言ったのは、「目玉のお巡りさん(本官さん)」の扱いです。

 赤塚先生のお父さんというのは、満州で警官をされていた方です。先生は、警察官が表では敬意を払われているけれど、裏では皆から罵られていたことも知っています。憲兵のようなこともしていたそうですから、あの当時、忌み嫌われる存在だったはずです。

 厳しいお父さんだったそうですが、先生にとっては最愛の父上なんです。その辺をよく理解してくれとスタッフには言いました。だからあのアニメでは、お巡りさんはやたら発砲しますが、決して人に向かって撃っていないし、悪役じゃありません。

「バカボンで大事なのは目玉のお巡りさんだぞ」と、何度もスタッフに口にしました。

 いざ始まってからは視聴率も良く、先生も「面白い!」と喜んでくださっていました。

※楠部三吉郎・著/『「ドラえもん」への感謝状』より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
天才バカボンパチンコ第4弾 出玉を選べる画期的スペック
疲労ピークも笑顔の剛力彩芽「名前負けしていない」と賞賛の声
横暴院長所属のクリニック スタッフの1年の退職者が36人に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。