体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Twitterに音楽再生機能、SoundCloudおよびiTunesがパートナーに

Twitterに音楽再生機能、SoundCloudおよびiTunesがパートナーに

posted by Jay Kogami

Twitter、ツイート内で音楽の楽しみ方を変える「Twitterオーディオカード機能」を提供開始。SoundCloud、iTunesがパートナー

Twitterがまた一段階、アーティストに優しいサービスになりました。

Tiwtter社が展開するコンテンツとツイートが連携する「Twitter Cards(ツイッターカード)」において、ツイート内でユニークな音楽の楽しみ方を拡張する音楽向けのカード「Twitterオーディオカード機能」を発表しました。

ユーザーはツイートに組み込まれた画面を一度タップするだけで、外部サイトに移動する必要なくiOSやAndroidアプリのタイムライン上で直接音楽を楽しむことができます。またプレーヤーの画面をタップすれば、画面の縮小でき、楽曲をバックグラウンドで再生しながら、Twitterアプリでツイートを閲覧することもできます。さらに好きな曲をツイート内からiTunesでプレオーダーすることもできます。

Twitter Audio Cardローンチには、SoundCloudとiTunesがパートナーとして参加します。SoundCloudはアップされている楽曲フルカタログをオーディオカード機能に提供します。現在オーディオカード機能は一部のクリエイターのみが利用可能なテスト段階で、将来的に誰もが使えるように提供していくとのことです。

EDMの人気DJデヴィッド・ゲッタは、彼のフォロワーに向けてエクスクルーシブのリミックスをツイートしています。TwitterユーザーはSoundCloudページに飛ぶこと無く、ツイート内で音楽を再生することが可能です。

また若手ラッパー、チャンス・ザ・ラッパーは、自身の新シングルをツイート内でデビューさせました。

ザ・フーファイターズは11月10日にリリースする新アルバム「Sonic Highways」からの新曲をiTunesのリンク付きでツイートしています。

SoundCloudはオーディオカード機能のローンチにあたり、少数のクリエイターや音楽メディア、団体を初期パートナーに迎え、実験的に新機能をロールアウトし始めます。選ばれたのは、クリエイター以外にもホワイトハウスやNPR、Bleacher Reportなど音楽業界以外からも選出されています。一般ユーザーへのローンチは、もう少し先になります。選ばれたパートナーはこちら。

@ThatKevinSmith
@WhiteHouse
@NASA
@CricketAUS
@TheWorldGame
@ThisAmerLife
@NPR
@planetmoney
@neiltyson
@glennbeck
@washingtonpost
@EW / @EWLive
@BleacherReport & @BR_Radio
@radiobandnewsfm
@bandnewsfmrio
@R_Bandeirantes
@rstnoar
@radioesportesfm
@NFSAonline
@serial
@EBCnaRede
@pitchfork
@abexlumberg
@bbcworldservice
@MadDogRadio
@odesza
@laidbackluke
@cashcash
@mau5trap / @deadmau5
@alt_J
@sigurros
@gilbertogil
@PartyOMO
@MajidJordan
@steveaoki
@feedme
@sizerecords / @maxvangeli
@MartinGarrix
@Coldplay
@whoszed
@davidguetta
@madeon
@GuySebastian
@cashtimelife
@chancetherapper
@RickRubin
@mikecaren
@ollyofficial
@george_ezra
@Savagesband
@Chromeo
@portugaltheman
@Prioryband
@DillonFrancis
@OnBandstand
@MigosATL

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。