体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビール発祥の地は横浜説と大阪説、どっちが本当?

ビール発祥の地は横浜説と大阪説、どっちが本当?

横浜のココがキニナル!

北方小学校の近くが久しくビール発祥の地と認識していましたが、大阪もビール発祥の地という説もあるみたいですね。どちらが本当でしょうか?(Mhamaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果
日本の国産ビール産業発祥の地は、外国人によって初めて醸造されたのが横浜、その3年後、日本人によって初めて醸造されたのが大阪である

横浜の発祥の地へ

横浜でビールといえばキリンビールである。そして、キリンビールといえば生麦にそびえる広大な工場を思い浮かべる人は少なくないだろう。

ビール発祥の地は横浜説と大阪説、どっちが本当?

戦後まもなく廃止されたがかつて京急には「キリンビール前駅」もあった

ちなみに1932(昭和7)年に開業した「キリンビール前駅」は、戦時中に現在の東急、京急、小田急、京王電鉄などが合併した、いわゆる「大東急」時代の1944(昭和19)年に、ビールは贅沢品であるという理由で「キリン駅」に改称させられたあげく、まもなく営業休止、そのまま戦後すぐに廃駅となってしまう。

「生麦」なんて何てビールにうってつけな地名だろうと思うが、実はキリンビールの発祥の地は生麦ではない。

キリンビールの歴史をたどっていくと、1869(明治2)年までさかのぼることができる。

これまで、ノルウェー系アメリカ人のウィリアム・コープランドが開業した「スプリングバレー・ブルワリー」が前年に開業していた1870(明治3)年が横浜にビール産業が生まれた年だとされてきたが、近年の研究で、その前年の1869(明治2)年に、山手本通りをはさんでフェリス女学院中学校・高校の向かいになる山手居留地46番に、アメリカ人のローゼンフェルトが建てた「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」が開業していたことがわかったのである。

ビール発祥の地は横浜説と大阪説、どっちが本当?

山手46番に残る昭和初期に建てられた西洋館

そして、同じく1869(明治2)年ごろには、ウィリアム・コープランドが、山手123番の湧水の出る天沼という池の近く(現在の北方小学校付近)に醸造所を建て、試験的に醸造をはじめた。このビールは「天沼(あまぬま)ビアザケ」と呼ばれとても人気があったという。この醸造所がそのまま1870(明治3)年ごろに「スプリングバレー・ブルワリー」として開業する。

ビール発祥の地は横浜説と大阪説、どっちが本当?

後のジャパン・ブルワリー(後述)の手前に「ビヤ酒ノ池(天沼)」が写る写真絵葉書
(提供:yokohama postcard club)

「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」が5年ほど操業したのち閉鎖すると、同ブルワリー醸造技師のE・ヴィーガントは、山手68番にあった「ヘフト・ブルワリー」を引き継ぎ、1875(明治8)年に「パヴァリア・ブルワリー」を創業する。一方、同じころ、コープランドは醸造所に併設していたビアガーデンを開設している。

ビール発祥の地は横浜説と大阪説、どっちが本当?

山手68番は現在のフェリス女学院大学6号館付近

1 2 3 4 5 6 7次のページ
はまれぽ.comの記事一覧をみる

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会