ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネット発!全都道府県&世界の路上で10,000人以上を集める覆面2人組ユニットとは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


イトヲカシという2人組ユニットをご存知だろうか? <ニコニコ動画>を中心に活動している歌い手・伊東歌詞太郎と、人気ボカロP・レフティモンスターによるデュオだ。

全国の中高生中心に人気を集めている2人のTwitterフォロワー数は合わせて30万以上。それぞれソロとしては、<ニコニコ動画>に詳しい人ならば説明の必要がないほどの人気クリエイターなのだが、実は彼ら、中学時代からの同級生でもありバンド仲間という間柄でもあるのだという。

そんな彼らの”イトヲカシ”としての音楽は「路上ライブ」がキーワードとなっているのだが、メディアやネット上ではお面を被り、顔出ししていない状態。2012年6月に1stミニアルバム『ホシアイ』を自主制作盤でリリースして以降、同年10月には2ndミニアルバム『音呼治心』、2013年11月に3rdミニアルバム『軌唱伝結』を発表し、じわじわと注目を集めてきた。

2013年3月~4月には『イトヲカシ全国路上ライブツアー~はるかぜのやくそく~』を実施。メンバー自ら会場の許諾申請をおこない全国の路上パフォーマンスを行い、北は宗谷岬から南は鹿児島まで、個々のライブで度々訪れている東名阪を除いた31箇所の路上で12,000人以上を動員。CD手売り枚数は1万枚を越えたという。さらに、ネットを通じて海外からの人気も高い彼らは、同年11月に『Anime Festival Asia 2013@Singapore』、2014年6月に『Funan Anime Matsuri@Singapore』へ出演。さらに『世界路上ツアー』としてタイ~シンガポール~フランス~オランダでも路上ライブを実現している。

20世紀的な考えであれば、かつてのスターはストリートライブを重ねることで人気を集め、メディアに登場し、CDアルバムをリリースすることで人気を獲得してきたことだろう。しかし、イトヲカシは順番がその真逆だ。インターネット上で楽曲をオープンに発表することで人気を獲得し、ファンを形成した上で、全国のストリートへファンに会いに出向いている。ストリートでの雰囲気、熱量の高さは、ライブ写真を見れば伝わることだろう。

イトヲカシは、「去年行けなかった所にも全部行く!」という強い想いから、9月2日の北海道を皮切りに、10月4日の沖縄まで再度全国路上ライブを実施。結果2年かけて(個人でのライブも含めた形で)全都道府県での歌唱を達成している。今後も様々な活動を予定しているとのこと、その展開に期待したい。

【参照リンク】
・イトヲカシ  オフィシャル・サイト
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=itowokashi_web
・レフティモンスター  オフィシャル・サイト
http://miyataryo.com/
・伊東歌詞太郎  オフィシャル・サイト
http://kashitaro.com/Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP