ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11月開催Hostess Club Weekenderの公演中止が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月17日、11月開催のHostess Club Weekenderの公演中止が発表された。

これは、11月3日のヘッドライナーへ出演交渉していたアーティストが最終決定に至らなかったこと、さらに諸般の事情によって他アジア地区での開催も難しい状況となったこと、そして来年2月のHostess Club Weekender開催実現を見据えてのこととなる。

なお、チケットは全て払い戻し対応を行う。

払い戻し方法詳細
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/refund/hcw09.html

以下、開催断念の経緯などに関して代表からメッセージが届いている。

今週皆様に来年2月のHostess Club Weekender開催に向けたニュースをお届け出来た一方で、残念なお知らせもお伝えしなければなりません。

皆様お気づきになっているとは思いますが、11月のHostess Club Weekenderのラインナップが未完成で、2日目のヘッドライナーがまだ発表されていない状態です。

Hostess Club Weekenderというイベントは元々アーティストのアルバムリリースのキャンペーンの一環として早いタイミングで来日ライヴを行うという、通常の興業とは違ったユニークな形とポリシーで開催をしてきました。そのポリシーのため、ブッキング交渉をしているアーティストのレコーディングの延期やアルバムのリリースの変更によって、出演決定に至らなかったことも今までにありました。
これはこのポリシーによるリスクでもありますが、これまでその様な事例があっても何とか対応をし、無事にイベントを行ってきました。

アーティストがキャンセルとなった場合、通常であればヘッドライナーや核となるアーティストをもう一度探すことによってプログラムを再度構築することになります。しかし、今回の11月のイベントに関しては、懸命の努力にも関わらずヘッドライナーの決定を日本のビザ申請期間内に解決できずに、ヘッドライン アーティストがいない未完成の2日目が残された状態となってしまいました。

また、毎回Hostess Clubはアジアツアーも同時に行っています。今回は台北、香港、バンコクとシンガポールでの開催も予定していましたが、香港でのデモによる情勢不安、スポンサーの急な降板、さらにアーティストのビザ申請の問題も起こっている状態で、興業を行うのは難しい状況でした。さらに、その様な中で2日目のヘッドライナーがいないHostess Clubのイベントを行った場合、将来的にHostess Club Weekenderを存続していくことが難しくなるような損失を被ることとなる状況でもありました。

Hostess Club WeekenderはHostessの利益を投資して行う非常に大事なイベントですが、それ以上にHostess Club Weekenderはお客様からのサポートや後援、そして来場してくださることで成り立っています。
皆様に素晴らしい音楽を提供したいという思いからHostess Club Weekenderを創設しました。既に人気がある音楽だけではなく、カッティングエッジなものや、新鮮で面白い音楽を皆様に届けたいのです。
Hostess Club Weekenderに遊びに来るお客様にはさまざまなバックグラウンドがあると思います。新しい音楽をそのポリシーと共にHostess Club Weekenderという場で聴いてもらうことによって、その中で気に入るものも気に入らないアーティストもいるかもしれませんが、新しく、わくわくするような体験を私たちと共有してもらいたいと考えています。

そしてそれらは今まで思いもよらなかった素晴らしいケミストリーを生み出し、実際にいくつかのユニークな成功も成し得ています。・・・例えばTemplesやÁsgeirなどのアーティストを輩出出来た事、本来であれば海外ではもっと大きな会場で行っているThe NationalやNeutral Milk Hotelといったアーティストも数多く出演することが出来ました。Hostess Club Weekenderというイベントに関わる全ての人、アーティスト、マネージャー、エージェント、レーベル、Hostessのスタッフ、Ynosのプロダクションチーム、そしてこのイベントにとって最も大切なオーディエンスである皆様がこれまで参加してくれたことを大変誇りに思います。

この非常に厳しい状況の中で残された選択肢は、中途半端な状態で11月のイベントを行う、または不本意ながらキャンセルをして、来年2月のイベントの開催に集中するというものでした。そしてアーティストのマネージャーや様々な関係者と話しあった結果、今年11月のHostess Club Weekenderをキャンセルするという結論に至りました。

今回のイベントに出演するアーティストは全てHostessからリリースしているアーティストです。Hostess代表として非常に残念なことではありますが、不本意ながら受け止めなければならないことでもあります。オーディエンスの皆様を失望させてしまうことを本当に心苦しく思います。皆様へご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。

願わくば2015年に向け皆様のご支援を賜りたく思います。そしてこれから続いていくHostess Club Weekenderで、また皆様とより素晴らしい音楽体験を共有できることを期待しています。

Plug

Andrew Lazonby
Founder, Hostess K.K.

関連リンク

オンライン版Hostess Club Shophttp://shop.hostessclub.jp/
Hostess Clubオフィシャルサイトwww.ynos.tv/hostessclub
Hostess Clubオフィシャルfacebookwww.facebook.com/Hostessclubofficial
Hostess Entertainment Unlimitedwww.hostess.co.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP