ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子が憧れるシチュエーション「壁ドン」 本来の意味を巡ってネット上で論争が勃発

DATE:
  • ガジェット通信を≫
女子が憧れるシチュエーション「壁ドン」 本来の意味を巡ってネット上で論争が勃発

最近ではCMなどでも取り上げられて話題の「壁ドン」。今やこのフレーズは、イケメンが女の子に対してアプローチする際に、壁際に追い込んで想いを伝えるシチュエーションの中で描かれているが、先頃、日刊SPAで報じられたところによると、街頭調査ではこの「壁ドン」について、58%の人が「隣室がうるさいときに壁を蹴ること」などと回答。そのため、「勘違いしてる人が多数」であるとしている。しかし、この「勘違い」が、そもそも「勘違い」であるとする批判が、ネット上に巻き起こっているのだ。

「俺たちの「壁ドン」が・・・°・(ノД`)・°・」
「捏造文化というやつだな」
「どっちが最初か調べたらすぐわかるものを」
「そもそも隣室がうるさい時にドン=壁ドンだったのをマスゴミが意味を変えたんだっつの」
「勘違いしてんのはそっちだろ?」
「壁ドンの意味を最近強引に「女性に迫ること」へと捏造している」
「壁殴り代行の方が先じゃね?」
「壁殴、イラ壁は本人がするもの 壁ドンは隣の部屋からされるもの」
「壁パンチでうるせえ隣人をアタックすることだろ?何勝手に意味変えてんだクソアマども」

…と、多くのユーザーが、この記事をはじめ、多くのマスコミがこの「壁ドン」を「男性が壁際で女性に対して強引な感じで迫るという行為」としていることについて、それこそがまさしく「勘違い」であると指摘するほか、「勘違い」などではなく、意図的に意味をねじまげているのでは?という疑惑について憤りの声を荒げている。
実際、「うるさい隣人に対するある種の警告」(または、それを自分がやられること)として、壁を殴ったり蹴ったりする行為の「壁ドン」は、古くからネット上で用いられており、一般には、往年の人気漫画『ドカベン』の表紙をコラージュした「カベドン」のイラストで、広く親しまれているという実情がある。

現在のところ、この「壁ドン」が、メディアの勘違いによって広まってしまっているのか、はたまた、もともとの意味を無視してまで、1つのトレンドとして意図的に広めているのかは判然としないが、そうした意味でこの「壁ドン」論争、言葉そのものよりも、しばらくの間、盛り上がりを見せそうな気配だ。

文・今岡憲広

【参照リンク】
http://nikkan-spa.jp/712365 Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。