ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

空気圧の減り具合をスマートフォンで管理! タイヤ監視システム「FOBO Tire」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

自動車のタイヤの空気圧チェックは、安全上とても大事なこと。しかし、空気圧の状態は目で見て分かりにくく、だからといって、頻繁に空気圧チェックを行っている人はそれほど多くないだろう。そこでぜひお薦めしたい商品が、スマートフォンを使って、タイヤの空気圧の減り具合をチェックすることができる監視システム「FOBO Tire」だ。

空気圧の減り具合をスマートフォンで管理! タイヤ監視システム「FOBO Tire」

「FOBO Tire」は、センサー付きのバルブキャップと、車内用のモニター装置を用いてタイヤの管理を行う監視システム。まず、タイヤの空気注入口のバルブにレンチとナットを使ってセンサー付きのキャップを取り付ける。続いて、同モニター装置とBluetoothでペアリングすれば、車内でタイヤの空気圧を確認することができるというもの。タイヤの空気圧が減ると、同モニター装置が知らせてくれる。

さらに、「FOBO Tire」はスマートフォンにも対応しており、専用アプリをダウンロードすれば、車外でもタイヤの空気圧をチェックすることができる。同アプリは、iOSとAndroidに対応しており、最大で20台同時に管理することができる。スマートフォンからチェックできれば、24時間いつでもタイヤの空気圧を確認することができるのだ。

同商品は、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」から149ドル(約15,000円)で購入できる(発送は11月から)。車を運転する機会が多い人は、使ってみてはいかがだろうか?

参考情報(外部サイト)

FOBO

関連記事リンク(外部サイト)

どこまでできる? 9月から旅客機でのスマートフォンの使用が一部解禁!
あのファッションブランドのウエアラブルデバイス「Ralph Lauren Tech Polo」
指に装着するだけでマウス操作が可能 ワイヤレスマウス「フリック指マウス」

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。