ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神コンテンツリンク、エス・アイ・ピーからサウンドスキャン事業を承継

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エス・アイ・ピー(以下SIP)と阪神コンテンツリンク(以下HCL)は、SIPの運営するサウンドスキャン事業を2014年12月31日付でHCLに譲渡することで合意し、事業譲渡契約を締結したことを発表した。

SIPは、1995年に米国ニールセン・サウンドスキャン社と提携し、日本用にカスタマイズした「サウンドスキャンジャパン」システムを用いて、CD・ビデオ販売店や家電量販店、Eコマース各社における音楽・映像ソフトのパッケージセールスデータ(POSデータ)をもとに国内音楽市場の情報分析を行い、セールスチャートを含む多種多様なデータを提供している。

また、HCLは、Billboardブランドの日本における独占的マスターライセンス(ライセンサー:プロメテウス・グローバル・メディア)契約を締結し、2007年に東京・六本木と大阪・西梅田に「ビルボードライブ」を開業したほか、翌2008年には独自の複合型チャート「ビルボードジャパンチャート」の提供を開始するなど、同ブランドの国内展開を進めている。

2015年1月1日以降は、HCLが「サウンドスキャンジャパン」システムに関するSIPの全業務を承継し、従来以上に付加価値の高いサービスを提供していく。

関連リンク

■Billboard JAPANhttp://www.billboard-japan.com/
サウンドスキャンジャパンhttp://www.soundscan.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP