ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リクルート上場、初日は3300円 2代目社長の保有株式は時価230億円に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月16日、リクルートホールディングス(HD)が東証一部上場を果たした。初日終値は3330円で、公開価格3100円を7.4%上回っている。上場時の発行済株式総数の約5億7067万株に終値を掛け合わせると、時価総額は1兆9000億円あまりとなる。

9月10日提出の「新規上場申請のための有価証券報告書」によると、リクルートHDの最大の大株主は「リクルートグループ社員持株会」で、約6388万株。株式総数に対する割合は11.19%にものぼり、終値ベースで実に2127億円もの価値となった。
300億円近い「含み益」を得た取引先も?

次に多くの株式を持っているのは、自社と、取引先でもある以下の大手企業だ(金額は終値ベースでの時価)。

「リクルートHD(40,576千株、1,351億円)/大日本印刷(37,700千株、1,255億円)/凸版印刷(同左)/電通(30,000千株、999億円)/三井物産(同左)/農林中央金庫(25,000千株、833億円)/あおぞら銀行(24,050千株、801億円)/NTTデータ(20,500千株、683億円)」

リクルートの上場によって、大きな含み益を得た企業もありそうだ。9月3日のビジネスジャーナルの記事によると、図書印刷は1株1171円で90万株を保有。簿価は10億5390万円とされている。

7月31日にリクルートは普通株式1株につき10株の株式分割を行っているので、図書印刷の保有株式数は900万株。これに初値を掛け合わせると時価は285億3000万円で、含み益は275億円となる。

このほか、共同印刷やCACホールディングスなども、含み益が見込まれる「リクルート関連株」としてその動きが注目されている。

個人では、創業者の故・江副浩正氏(在任1966~88年)名義の株式が507万株、2代目社長の位田尚隆氏(同88~97年)が701万株、3代目社長の河野栄子氏(同97~03年)が500万株を保有している。保有株式の時価は、位田氏が233億円あまり、河野氏が167億円と見られる。
リクルート事件で株式売却を急いだ人もいた

なお、社員持株会2127億円の中にも、数千万円分を保有している社員がいるのではないかという噂も、少なからず聞かれる。ただし、1988年のリクルート事件で紙くずになることを恐れて処分を急いだり、自宅売却などのために持株会に売却したりした人もおり、長年保有している人は必ずしも多くないという見方もある。

また、リクルートの従業員で持株会に入れるのは、正社員のみ。3年限定のキャリアビュー(CV)職で勤務する契約社員は、「上場の恩恵にあずかれずに残念」と悔しそうにしていた。

あわせてよみたい:仕事を辞めず成長企業の経営に「サンカク」最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP