体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE NOVEMBERSがドロップする新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌(Part1)

THE NOVEMBERSがドロップする新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌(Part1)

posted by 高野修平

THE NOVEMBERSがドロップする新作アルバム「Rhapsody in beauty」で描いたマーケティングの全貌(Part1)

THE NOVEMBERSが10月15日にニュー・アルバム「Rhapsody in beauty」をリリースします。今回のアルバムは「美」と「ノイズ」がテーマとして創られています。

同時に「パラレルワールド」というものが重要なモチーフとして作品を支えています。そして、この「パラレルワールド」は音楽を届ける、伝えるという部分においても大切なコンセプトとして僕らチームの中で共有されていました。

今回、5月に発売したシングル「今日も生きたね」に引き続き、「Rhapsody in beauty」に関わるすべてのクリエイティブディレクター、コミュニケーションデザイン、PRプランナー、コピーライターとして担当させていただきました。

作品の意図や世界はヴォーカルである小林祐介くんのインタビューやブログなどで感じて頂ければと思いますが、僕はコミュニケーションとマーケティングという観点から、「Rhapsody in beauty」を描いていきたいと思います。

ただ、施策がとても多いので連載形式に述べていきます。今回はアルバム発売前のおはなしのPart1です。

◆「パラレルワールド」というコンセプトから生まれるコミュニケーションデザイン

そもそも「パラレルワールド」とは、ある時点を境に分岐した“ここ”とは別の並行世界を意味する言葉です。現在とは別の未来、別の可能性を意味するものです。

これから綴っていく「Rhapsody in beauty」のマーケティングコミュニケーションは、すべて「パラレルワールド」を軸に展開していくこととなります。つまり、あらゆる施策にふたつのバージョンが存在する、もしくは二段構えのプランニングになっています。

小林祐介くんは「パラレルワールド」について以下のように述べています。

「Rhapsody in beauty」は僕にとって、ある時を境に分岐したTHE NOVEMBERSにとっての“パラレルワールド”を“現在”として仮説的に表現した作品です。

ニュー・アルバムをリリースするにあたって、当然ながらフィジカルのアルバムが売れることがひとつの目的として定めるわけですが、THE NOVEMBERSの場合、リリース直後から始まるツアーもあるので、ライブに人が来てくれることも重要な目的にあたります。

同時に今回のニュー・アルバム発売とツアーに向けて「いかにTHE NOVEMBERSへの関与度を高めるか」「THE NOVEMBERS最近良く見るなあ」という空気をファンとファン以外に作れるかがポイントでした。

そのためには「終わらないニュースの創出」つまり、戦略PRをうまく活用していくことが要としてありました。シングル「今日も生きたね」もどれだけニュースを生み出せるかがコミュニケーションデザインを考える上で、重要でした。

「アルバムが出ます」「ツアーやります」「広告出稿します」「アルバム出ました」ではなく、アルバム発売前からアルバム発売、そしてツアーへと中長期的なロードマップを戦略的に描きながら考える必要がありました。

そこに必要となるのは、物語/文脈を作り出すことであり、点と点をつなげて線にし、圧を高めることです。そして、人々の言の葉にのっていくかどうかです。

◆施策1:アートディレクターtobirdによるニュー・アルバムのジャケット公開

7月のツアーファイナルを実施した六本木EXシアターでの最後に新しいアルバムとツアーを発表し、後日ニュースにもなったので、布石はありましたが、物語は9月から始まりました。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。