ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジテレビのSMAP頼み脱却案 『HERO』大ヒットで消滅か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの7月~9月期のドラマ『HERO』(木村拓哉主演)が全11回の平均視聴率で21.3%を記録。今年の民放連続ドラマで堂々の1位となり、久々に“月9”の面目を躍如した。フジテレビ関係者はこう話す。

「この大ヒットは局にとってはもちろん、SMAPにとっても大きかったんです。実は、局内では“そろそろSMAP頼みの体制から脱却しよう”という話が出ていました。『HERO』の開始前は『SMAP×SMAP』(スマスマ)の視聴率も悪く、1ケタの日もあった。それに、キムタクをはじめとするメンバーの主演ドラマも、数字が取れなくなっていた。実際、今年放送された香取慎吾と稲垣吾郎のドラマは、ともに全話の平均視聴率が1ケタに終わった。40代中心のSMAPから20代の嵐にシフトしようという流れになっていたんです」

 メンバーのレギュラー番組を見ると、話の信憑性が増してくる。『スマスマ』と『ベビスマ』(日曜深夜に放送される3分間のスピンオフ番組)を除けば、フジでは香取慎吾が『おじゃマップ』を担当しているのみ。他局に5本もの司会番組を持つ中居正広でさえ、『ワイドナショー』の準レギュラーがあるだけなのだ。

 そもそも、SMAPの歴史はフジテレビを抜きには語れない。歌番組が激減していた1991年にCDデビューしたSMAPは、これまでのジャニーズ事務所のアイドルとは違い、バラエティ番組に活路を求め、そこで大きな役割を担ったテレビ局こそフジテレビだったのだ。

 1992年から深夜番組『夢がMORIMORI』が始まり、1994年には『笑っていいとも!』のレギュラーに中居正広と香取慎吾が抜擢され、翌年には草なぎ剛も加わった。“日本のお昼の顔”と言われた『いいとも』をキッカケに、3人の人気は急上昇カーブを描き始める。

 そして、1996年4月には、トークやコントを主体とした『スマスマ』が放送開始。木村拓哉主演の月9ドラマ『ロングバケーション』の大ヒットもあり、後番組の『スマスマ』にも相乗効果が生まれ、現在も続く長寿番組となったのである。

「キムタク主演の『HERO』と、SMAP司会の『27時間テレビ』の大ヒットで、SMAP起用縮小の話は、局内で完全に立ち消えになりました。『HERO』が20%を越えた効果で、『スマスマ』の視聴率も上がった。『HERO』開始後の『スマスマ』はすべて12%以上で、15%越えが4回もありましたからね。

 彼らが『27時間テレビ』で働いた分、8月4日と11日は『スマスマ』が休みになりました。すると、代わりの番組の視聴率は7.5%と9.9%と、1ケタになってしまった。両日とも『HERO』は18.7%、21%と稼いでいるにもかかわらずです。局内の制作力の低下という見方もできますが、逆に言えば『スマスマ』の力を見せつけた格好にもなったのです」(同前)

『HERO』の大ヒットは、フジテレビとSMAPの蜜月関係も保ったようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ月9『HERO』絶好調 『SMAP×SMAP』視聴率へも好影響
フジTV社員「数字取れるのはサザエさんとスマスマ位」と消沈
『いいとも』TBSに敗れ局内から「もう潮時か」の声噴出

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。