ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西城秀樹 脳梗塞から復活ライブで「ジャワカレー好き」発言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月15日、歌手・西城秀樹(59)が東京・中野サンプラザでコンサートを行なった。2003年、2011年と2度の脳梗塞を発症しながらも、ステージに立ち続ける秀樹に、ファンはペンライトを片手に大声援を送り続けた。

 もともと、コンサートにおけるペンライト使用は、西城秀樹のファンが始めたものと言われている。その元祖であるためか、ファンには今も欠かせないコンサートグッズになっており、中野サンプラザは赤、青、緑の綺麗なサイリュームで埋め尽くされた。

 横に振るだけでなく、2つのペンライトをグルグル回す観客を見た秀樹は、コンサート開始直後のMCで、「ペンライトを振り回すのはウチくらい。外でやらないでね。恥ずかしいから(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

 秀樹は、右半身麻痺の後遺症が残るため、思うようには歩けず、曲の半分近くは椅子に座って歌う体勢を取った。それでも、アップテンポな曲になると、ステージに作られたスロープを伝いながら、若干、足を引きずりつつ動き回るシーンもあった。秀樹の渾身のパフォーマンスに、ファンは惜しみない拍手とペンライトによる応援で盛り上げた。

 この日のコンサート会場には、とんねるずの木梨憲武やベッキー、ダイヤモンド☆ユカイ、大林素子などの有名人に加え、かつてCM出演をしていたハウス食品からも花が贈られていた。「ヒデキ、感激!」のフレーズで有名な『ハウス バーモントカレー』のCMは、西城秀樹の代表作のひとつと言っても過言ではない。ところが、秀樹はMCで意外な発言をした。

「(カレーの)甘口はあんまり好きじゃないんだよね。ジャワカレーとかボンカレーのほうが好き」

 もちろん、秀樹なりのファンサービスとしての発言だろうが、これには会場も爆笑。MCでは、「体のことは心配するな」と言わんばかりに、ギャグを織り交ぜ、ファンを楽しませた。

 誰もが知る大ヒット曲『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』では、Y.M.C.A.のポーズで会場が一体となった。最初、秀樹のY.M.C.A.の振りは小さめだったが、回を追うごとに徐々に大きく手を広げるようになる。ファンの声援が、秀樹の手を動かしたのだ。

 ラストの曲を歌い終えると、何度となく「ありがとう!」と絶叫した秀樹。右半身麻痺の後遺症の残る体ながらも、一生懸命ステージで歌う姿に、何人ものファンが「ありがとう!」と感謝の叫び声をあげた。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
深田恭子「こんな役柄はNG」でドラマ監督降板 現場ピリピリ
清原和博氏 自宅差し押さえでウィークリーマンション転々か
杉良太郎の「密室演技指導」 22歳清純派女優が決意の告白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。